子宮全摘手術、本当に必要なんだろうか

医者様から子宮摘出手術の説明を受けたものの、わたくしまだまだ手術には後ろ向きでした

生理が多いくらいで(貧血もあるんだけど)生活上とくに困ってることもない。
痛いとか苦しいとかもない。

それなのに全部取ってしまわないといけないんだろうか。

たしかにもう子供を産まない年齢になると、子宮はあっても使うことはないかもしれません。
卵巣を残せば更年期障害になることもありません。

医者様からすると、子宮を取ってしまえば子宮がんにもならないし、子供を産まない人には子宮を残しておくメリットはないということになるのでしょうか。


ただ、手術するとなると、

1か月ほど仕事ができない
開腹手術なので手術後は痛いし体力も落ちる
後遺症がないとも言えない



こういうことがあるわけで、
よくある手術とはいえ、簡単なことではないのです。

準広汎子宮全摘出術

やるとなると大変。そして痛そう。
術後つらそう。

しかもわたくしタイミング悪く転職したばかりで非常に休みづらいです。
そもそも1か月もやすめるんだろうか。

いろいろ問題はあるものの、子宮頸がんに進行する前に取ってしまったほうがいいのはたしかです。

心配ではあるけど、やっぱり手術したほうがいいのだろうな、と少しずつあきらめに近い気持ちが出てきていました。

4月、新しい職場へ
そして高度異形成になる

4月、長男はキラキラの大学生活スタート。

そしてわたくし母も、新しい職場で新しい出会い。

心機一転頑張ろうと思っていた4月の婦人科の診察でした。


ちょうど長男の入学式の日。
受診のため入学式を途中で退席しフォーマルウエアのまま婦人科へ。
(;´▽`A“

そして前回の検査の結果が中等度異形成から高度異形成になっていました。
( ̄□ ̄;)!!

高度異形成。。。

お医者さんは淡々と言いました。

高度異形成になると治療が必要になる。
治療といっても病変部を切り取る手術。
通常は円錐状に子宮頚部を切り取るが、グリーンさんの場合筋腫が子宮頚部に近いところにあって、しかも巨大なので円錐切除術はできない
なので、子宮すべて摘出する手術になる。

え。
Σ( ̄ロ ̄lll)

子宮すべて摘出!?


ということは、腹腔鏡手術ではなく、開腹手術

手術は避けたかったわたくし。
・・・そうですか。と納得いかない表情のわたくし。

お医者さんは加えてこう言いました。
これは、わたしだけではなくて、ほかの医師とも相談した結果ですから。と。


そーなんですかねぇ。。。
往生際の悪いわたくし。

この時まだなんとか手術を避けたく、ほかに方法がないものだろうかと考えながら帰宅。

心とは裏腹のおめでたいアイボリーのフォーマルウエアでとぼとぼ帰宅。
(-。- )

そしておうちに帰って、入学祝の紅白まんじゅうをしょっぱい気持ちで食べたのでした。

ストレスってどれくらい影響するんだろうか?

子宮頸がんの検査で要経過観察になってから、生活面では睡眠をしっかりとるとか、ストレスを避けるようにとかのアドバイスをお医者さんからも受けるのですが、実際ストレスってなかなか自分では避けられないものです。

日常のストレスがどれくらい影響するか?

仕事も家事も放り出して海外に逃亡できればかなりストレスも減ると思うのですが。
現実は日々戦いです。

このころ、長男のことと職場のことで、わたくしとてもストレスを抱えていました。

長男、大学受験の真っ最中。風邪をひかせないように、インフルエンザにならないように、長男本人のみならず家族全員の健康状態にかなり気を使っていました。

そして長男の第一志望には届かない気配。。。
しかも現在一浪。。。

合格発表を待つ期待と不安。というか、恐怖。。。
( ̄□ ̄||)

わたくし以上に受験する長男はすごいプレッシャーとストレスだったかもしれませんが、わたくしもかなり重い気分でした。

受験生を持つお父さんお母さんって、本当に大変なんですね。

大学受験の大変さを現役・一浪と2度経験し、ひしひしと思いました。
なんていう気苦労。。。
そしてなんてお金がかかるんだろう泣

(T▽T;) 。。。



それに加えて仕事のストレス。

わたくし非正規社員なので、会社の業績が悪くなると真っ先にお声がかかります。

近頃はデザイナーは正社員で雇わないところが増えていますが、わたくしの場合子供二人子育てしながらの勤務でしたので非正規雇用でも仕方ないのかなとあきらめてました。

しかし非正規とはいえ、フルタイムの月~金勤務なので、社員の方とやることは同じ。
決してラクではありません。
(;´▽`A

このあたりはわたくしもいろいろ思うところはありましたが、子供たちのため、生活のためだわ!と自分に言い聞かせ、ひっそりとお仕事させていただいてました。

このころ会社の売り上げが目標にかなり届いていなかったようでわたくしたち非正規社員への締め上げが日に日に激しくなってきていました。
( ̄Д ̄;;

仕事を減らしてほしいということを取締役の方から何度も呼び出されて言われ、単価も下げると脅され。

ほんとすっごいストレスです。

つまり、、、リストラ???
(o ̄∇ ̄)o!

そしてわたくし、この会社ずっと前から辞めたかったので、そろそろ潮時かしら。。。と感じていました。

いつのまにか中等度異形成に

その後も通院続けていたある時、
それまで軽度異形成だった子宮頸がんの検査結果が

中等度異形成になっていました
( ̄Д ̄;;

しかしお医者さんが言うには
すぐにガンになるわけじゃない、
しかし定期的に検査が必要。
ということ。

軽度異形成の時と変わらない。

ストレスを避けて、睡眠をたっぷりとるのが
いいんだろうと思うのですが
ちょうど長男の受験真っ只中。
さらに自分の職場のストレスもそれなりにあって、
なかなかそう簡単にはいかないもんです。。。
( ´△`)

このころ2018年7月。
このころから病院の担当の先生が固定になったようです。

これ以降同じ先生に診ていただくことになりました。

「コルポスコピー検査」と「組織診」

ハイリスクHPVに感染していると、
「コルポスコピー検査」と「組織診」 を受けることになります。


2018年6月
診察台に乗り、細胞診の時と同じように
膣の奥の方から何かを取られたような感じ。
そんな感じがしただけで、検査はすぐ終了。

いつもの細胞診となにか違うんだろうか?
と思っていました。

違うと言えば膣の中に止血用のガーゼを残すくらい?

ちなみに前回2月に検査した結果は

軽度異形成( LSIL )

(´▽`) ホッ


とりあえずすぐにガンになるわけではないらしいのでひと安心。

そして今回の検査結果が来月出るので受診の予約を入れ、終了。
ちなみに今回もまた違うお医者さんでした。

(;´▽`A

このときお医者さんから言われたことは

●軽度でも異形成があった場合、3か月に一度の検査を続ける
●ストレスを避ける

こんな感じのことでした。

ストレスを避けるって、けっこう難しいですよね?
わたくしのばあい、仕事だけでなく息子たちの事も
何かとストレスを感じております。

生きてる限り、ストレスはある。
それをどう受け流すかっていうことですかね

やっぱりむずい。。。

ハイリスク型HPVに感染

2018年2月。2回目の大学病院婦人科受診。

予告通り、前回とは違う先生です。

前回2017年12月に検査した細胞診の結果が出ていて
結果はハイリスク型HPV検出。。。

お医者さんの説明だと・・・、

ハイリスク型HPVに感染したとしても、
ほとんどは自然に治っていくから
すぐにガンになるものではないから
心配しすぎないで、と。

しかし、定期的に経過観察は
続けないといけない。
ガンになる可能性もゼロではない。


そして血液検査の結果、貧血になっていたので
鉄剤を処方されました。
これは過多月経のための貧血 (T△T)


毎月あんなに出血してたら貧血にもなるわな。
なんだか体がだるいと思ってました。。。
手術を希望していないので貧血の薬を飲んで
子宮筋腫の方は経過観察。

ということで、また2か月後に来てね。
と、あっさり診察が終わりました。
特に検査もなく。。。

次もまた違う先生なんだろうか???
( ̄Д ̄;)

これがうわさに聞く大学病院の診察。
なんかちょっと不安になったこの日の診察でした。

2018年2月。2回目の大学病院婦人科受診。

予告通り、前回とは違う先生です。

前回2017年12月に検査した細胞診の結果が出ていて
結果はハイリスク型HPV検出。。。

お医者さんの説明だと・・・、

ハイリスク型HPVに感染したとしても、
ほとんどは自然に治っていくから
すぐにガンになるものではないから
心配しすぎないで、と。

しかし、定期的に経過観察は
続けないといけない。
ガンになる可能性もゼロではない。


そして血液検査の結果、貧血になっていたので
鉄剤を処方されました。
これは過多月経のための貧血 (T△T)


毎月あんなに出血してたら貧血にもなるわな。
なんだか体がだるいと思ってました。。。
手術を希望していないので貧血の薬を飲んで
子宮筋腫の方は経過観察。

ということで、また2か月後に来てね。
と、あっさり診察が終わりました。
特に検査もなく。。。

次もまた違う先生なんだろうか???
( ̄Д ̄;)

これがうわさに聞く大学病院の診察。
なんかちょっと不安になったこの日の診察でした。


健康診断から2か月

こんにちは。
めんどうくさがりのミセスグリーンです。

健康診断から2か月たち、

いい加減婦人科にいかなければ。。。

ようやく重い腰を上げた12月。

どうせいくなら大きい病院にしよう、と
都内某大学病院へ行ってきました。

医者:頸がん、引っかかっちゃった?

グリーン
:はい。子宮筋腫も。

医者:頸がんの方は詳しく検査しましょう。
まあ、でも、自然に治ることも多いですから。
子宮筋腫、大きいね。
生理多い?

グリーン:多いです、かなり。。。

医者:とりますか? 手術して。

え! Σ(゚д゚|||)
手術!?

子宮筋腫ってほっといても大丈夫なんじゃないの???


医者
:手術の方法としては、おなかを開いて取る、

おなかに小さな穴をあけて取る・・・
どうやって出すかっていうと
それにはちょっとマジックがあって~・・・

 

いきなり手術の説明が始まって焦るわたくし。( ̄▽ ̄;)

 

グリーン:あのー。。。できれば手術はしない方向でなんとかなりませんか?
今まで生理が多いくらいで、ふつうにやってこれてるので。。。

医者:うんうん。あそう。
じゃあ手術希望しないってカルテに書いておくね。
次の担当、別の医師になるかもしれないけど、予約いつにします?


次、違う先生なのね。。。 😥 
(さすが、大学病院。。。やっぱりな)

そんな感じでこの日は子宮頸がんの細胞診をして、少し問診をして終了。

ハイリスクHPVに感染しているかと思ったのですが、
それはまだわからなくて、今日の細胞診でウイルスの種類を調べるのだそうです。

このとき2017年12月、仕事が少し落ち着く月初めの頃でした。

健康診断の結果は

なんだかいつも雑用に追われている母の生活。

そして忘れたころにやってくる健康診断の結果( *_* )

体脂肪・肝機能等の通常の健康診断結果は

【A】

あーよかったー。。。
(健康診断前の2週間くらい禁酒)
実は肝機能が少し心配だったわたくし ‘`ィ(´∀`∩

しかし、問題のレディースオプション検査結果は。。。

【E】 要精密検査 

まあ、そうだわね。
子宮筋腫あるし。

・・・と思ってよく見ると、

子宮頸がん検査 【E】

うわぁ。(;´Д`A “

子宮頸がんも、引っかかってる!!

ベセスダ分類:ASC-US

HPV(ヒトパピローマウイルス)というのに感染してるらしい。 😥 

とりあえず、婦人科行かなきゃなぁ。。。
( ´^`° )
しょぼん。。。