子宮全摘出 おなかのぽっこりビフォーアフター(写真あり)

子宮全摘出でへこんだお腹
しかし食べ過ぎ注意です


手術後すっかり健康を取り戻し、普通の生活を送っております。

運動も制限なく、何をしても自由なわけですが、たまにヨガをやる程度で走ったり重いバーベルを持ち上げる筋トレなどは一切やっていません。

そんなわけで多分運動不足ですが、お腹もへこんだままだし快便だし、特に困ったこともなく健やかな毎日です
白ヤギ先生に感謝です。


ただ食べすぎると当たり前ですがおなかがぽっこりします。
筋腫があったとき胃が圧迫されていたせいか、あまりたくさん食べると苦しくて、このくらいでやめよう、と自然に食べる量を抑えることができていました。


今はそれがないので気を付けないといけません…。
女性ホルモンも減っているので太りやすいです
あとコレステロール値も危険です

この時期はコレステロール値が上がることもあって動脈硬化になりやすいので気を付けてください

わたくしも生クリーム系を控えるようにしました。

ここで油断すると血管年齢が急上昇なので気を付けましょうね。


手術の傷の方はというと、まだちょっと心配なのでアトファインを貼ったうえに、さらに冬なのでお腹には腹帯を巻いて過ごしています。

手術前の筋腫ぽっこりの頃はLサイズでも苦しかったのですが、腹帯をしたままでもMサイズのものでもはけるようになりました。


↓ちなみに今のおなかはこんな感じです

現在のおなか


ときどきかゆくなるけど、今でもアトファイン貼りっぱなしです。

アトファイン貼ってると自分でも傷のことが気になりません
肌が強いのか、冬のせいなのか、今まで特にかぶれたりもなかったです。

かといってアトファインの粘着力が弱いわけではないので、敏感肌の方は赤くなったり痒くなったりすることもあるようです。


わたくしはアトアフィンを使う前に1カ月くらい3Mネクスケアのメディカルテープを使ったのですがこちらの方が赤くなって痒みが出ました。

ネクスケアは普通のマステみたいな感じで貼りやすくて良かったのですが、わたくしの肌には合わなかったです。

病院からこのネクスケアをすすめられたという話も聞きましたが、その友人はネクスケアを貼るのがうまくいかずだんだんめんどくさく感じられたようで、1ヵ月後にアトファインに変えていました。

洋服もすっかり普通サイズになったことで以前の体型を忘れかけていたのですが、かつてのおなかの写真を見つけました…。

お見苦しくてごめんなさい。。


[手術前のぽっこりおなか]はこんなでした。






すごぉぉ。

やっぱり妊婦みたい。。いや力士??



今見るとすごいんですけど、これでも不便だと思わなかったんですよね。
これは足もむくむわ。


今となっては信じられないようなぽっこり具合ですが、これでも自分では全然大丈夫! 全然普通! と思ってました

妊婦に間違えられてましたけど笑


今はなんとか普通のおなかになることができてやっぱり良かったのかも。


そして子宮がんと子宮頸がんになることもないので、最初に手術の説明を受けたときにはあまりピンと来なかったのですが、見た目のことより今後がんを避けられるということが手術をするメリットとしては大きかったなと今は思うようになりました


いざ手術どうする?と選択を迫られたとき、わたくしもかなり迷ったり不安になったりしましたが、自分が納得できるまでよく考えていろいろ調べてみてから決めても遅くないです。

本人の気持ちが何より大事ですよね。


手術するしないや、手術方法についても後悔のない選択ができるようにじーっくり考えて決めてくださいね。

【手術21週間後】ブシャール結節と更年期障害その後

ブシャール結節と更年期障害その後

子宮摘出手術をしてから21週間が経ちました。

卵巣を残したものの更年期症状が現れ、「エクエル」というサプリメントを飲んだり、プラセンタ注射を試したりしていました。

2カ月ほど前からプラセンタ注射を試していたのですが、なんだかんだと用事があったりして毎週注射に行けず、結局のところサプリメントも併用するようになりました


真面目に注射に行けよって感じなのですが、土日に用事が入ってしまうとなかなか行けず、かといって平日にも行けず…。

2週間ほど注射できなくなった時に関節の強張りと痛みを感じたので慌ててサプリメントを買いました。
以後飲み続けています。


飲んでいるのは「エクエル」ではないウエルシアやマツキヨで買えるエクオールのサプリメント(DHC)です。
エクエルよりちょい安めの確か2800円くらい(店頭価格)でしたが、効果はエクエルと変わらずです。はい。


ブシャール結節やヘバーデン結節をわたくしは更年期症状が出てから初めて知ったのですが、40歳前後でも発症することがあるようです


指の関節の腫れと痛みが出て、最初はやはり原因が分からず、病院に行ってみてようやく女性ホルモンが減っていることが原因と知ったという話を数人から聞きました。


早めに病院に行って治療を始めると、関節の変形まで行かずにすむので早期治療が大切です。
やはり変だなと思ったら早めに検査してもらうと安心ですね。

ブシャール結節もヘバーデン結節も、エクオールのサプリメントならどれでもいいのだと思いますが、わたくしの場合も飲んでいると関節痛は起きません

結局近所のウエルシアで買ったエクオールのサプリメント(DHC)を飲み続けることになりそうです。



プラセンタ注射は4週間ほど続けてみましたが、注射していた時はサプリメントなしでも特に関節の強張りも痛みも出なかったので、注射も更年期症状をおさえる効果はあったと思います

美肌効果の方は不明ですが、綺麗なママ友がプラセンタ注射を続けていたので多分続ければ何かありそうな気はします。
しかし、面倒くさがりなわたくしは毎週続けられるのか、あまり自信がなく…。

エステとか毎週のように通われてる方は本当に美に対する意識の高さがすごいなと思います。
見習った方がいいですよね。


生理がなくなってラクになった?

これ、よく聞かれるんですが、生理がなくなってラクになったはずなんですが、あまりラクだな〜!と思ったことはないです。

今まで生理痛がひどかったわけでもないので、生理がすごくつらいとか思っていなかったのかも。
生理の量が多くて困っていたんですが、変なものでなくなってうれしいというより、なくなってちょっとさみしい、と思ってしまいます。

実際には生理用品を買わなくて良くなったし、トイレにいく時もでかいナプキンを持っていくわずらわしさもないのでラクにはなってるんでしょうが、

「ラクになったよ!子宮とってよかったよ!」

とはあまり感じなかったんですよね。


ラクになったことといえば、生理がなくなったことよりお腹の出っ張りがなくなって洋服選びがウエスト中心に考えなくてよくなったことと、足のむくみがなくなったこと
これはかなりラクになりました。


子宮筋腫に腸が圧迫されていたせいか、腸の動きが悪くなるとお腹が張って苦しかったんですよね。

そういう時は本当にお腹がパンパンで、そこに洋服のウエストのゴムの締め付けがあるとつらかったです。
それがなくなったことと、足の血流が悪かったのか、夕方になるとふくらはぎがむくんでパンパン。

さらに靴も足がむくんでキツくてつらかったです。

特に生理の3日前くらいからはお腹の張りがひどくて便秘気味でした
これがなくなっただけでも手術してよかったなと思います。


子宮筋腫は閉経後少し小さくなるようですが、わたくしのような大きい筋腫は小さくなったとしても数センチ程度のようで、もし手術をしなかったとしたら閉経後もこの症状が続いていたんだと思います。

そう考えると長いこと我慢しないで今のうちにとっておいて良かったんだと思います。

女性も70歳まで働く体づくり

昔と違って女の人もフルタイムで働く人が増えましたが、今後私たちは70歳まで働き続けることになるかもしれません。

そう考えると働ける健康な体をあと20年以上維持するために昔の人以上に気を付けなくてはなりません。
しかし50歳になってから、子育てを終えて自由になって20年働けるとも考えられるわけで、それはそれで楽しみなことでもあります


20年あればかなりいろんなことができますしね。

せっかくなのでその20年間を充実したものにしたいです。

さらにそこから先の70歳からの老後生活も20年近くあるんですよね〜。

まだまだしばらく使う大事な体です。せっかく長生きできるなら体のメンテナンスをしっかりやって、やりたいことをやれる元気でいきいきしたおばあちゃん目指したいですね。

【手術20週間後】子宮筋腫と子宮頸がんについて思うこと

子宮摘出手術をしてから20週間が経ちました。
おなかのぽっこりがなくなり、洋服の選択肢も増えました。
いままでぽっこりが気になって履けなかったパンツもはけています。

パンツの場合、見た目のぽっこりも気になるのですが、おなかが締め付けられて気持ち悪いというのが大きかったです
特に食後は苦しいんですよね…。


そんな感じで完全に普段通りの生活をしているのですが、アトファインはまだ貼り続けます。

先週ドラッグストアでアトファインを買えないかとまたいくつかお店を探してみたのですが、「マツキヨ」「ウエルシア」「ココカラファイン」「ドラッグぱぱす」など、やはりどこにもありませんでした…

置いてても売れないんでしょうか。自宅から一番近いウエルシアにお取り寄せをお願いしてみたのですが、アトファインは取り寄せできないとのこと。

これもまた、いくつかまとめてじゃないと商品入荷できないとかそういう理由で、お店に置いていても買う人があまりいないということで取り寄せ不可のようです。

ということで結局Amazonで買いました。

「アトファイン」

アトファイン
傷が広がらないように傷をきゅっと寄せながら貼るのがコツ

子宮筋腫の患者の多さ

子宮筋腫があることはあまり友人にも話していなかったのですが、手術後何人かに話すと、私も筋腫あるよ!とか何年か前に手術で取ったよ、という話を聞くことが多かったです。
特に40代の友人はかなりの割合で子宮筋腫経験者でした。

30歳以上の20〜30%にみられると言われていますが、実際にわたくしの周りの筋腫のことを話をした人の8割くらいは筋腫経験者でした。
何もなかった人の方が珍しいくらいです。
子宮筋腫ってそれくらいよくあるんですよね。


子宮筋腫経験者で手術を決めた人はやはり生理が多かったり生理痛がひどかったり手術前は大変だったようです
実際わたくしも過多月経にはかなり困っていました。

外出中もトイレにいけないと心配で、生理中の遠出は避けるようになりました。

それがなくなった今はやっぱり快適、というか、またあの状態に戻るのは嫌だなよなと思うようになりました。

その頃手放せなかった特大生理用ナプキン「クリニクス」
持ち歩くのも結構かさばるしトイレに持っていくのも大きめのポーチに入れていくのでちょっと面倒でしたが、それでもこの特大サイズと吸収力の安心感は心強かったです。

クリニクス
お世話になったクリニクスです。やっぱりでかいですね。



子宮頸がんの検診は必ず毎年受けよう

子宮筋腫と並んで多いのが子宮頸がん。
こちらの方は筋腫ほど多くはないのではないのですが過去に手術したという話を数人から聞きました。

しかし、筋腫が良性の腫瘍なのに対してこちらはけっこう深刻なので、「早期発見できて良かった!」「危なかった」という話が多かったです。

実際に発見が遅れると手術しても取りきれないことはあります。
発見が遅くなると抗がん剤治療も必要になってきますので、その後の治療も子宮筋腫とは違って取って終わりにはならない大変さがあります。

早期発見できれば子宮頸部の円錐切除やレーザー治療だけで治るので、子宮頸がんの検診はぜひ毎年受けてください。

わたくしの場合、子宮頸がんはまだガン化する前に見つかっていて良かったのですが子宮筋腫が大すぎて円錐切除手術ができず、結局子宮もいっしょに取りました。

わたくしの場合はもう出産しないのでそれで良かったのですが、まだ出産を希望している方や30代の患者さんは子宮を残せるように手術してもらっているようですね。

子宮頸がんは20代後半から増えるので30代から経過観察を続けている方もけっこういます。

ここで発見できればいいのですが、知人に出血が続くなどの自覚症状が出てから受診し、子宮すべて摘出になってしまった方もいました。
そうなってしまうともっと早く検査しておけば良かったと後悔します。

子宮筋腫と比べて子宮頸がんは放っておくと深刻なことになってしまいますし、30代では進行も早いので、自覚症状が出るまえにできれば毎年病院で定期的に検査を受けてくださいね

食生活には気を使うお年頃

入院中は食事が健康的すぎて、お菓子とかコーヒーとかのジャンクなものが欲しくなって退院したらすぐコーヒーを飲みました
これがめちゃくちゃ美味しく感じて、退院のわずらわしさはあったものの、退院できて良かったと思えたのもこのコーヒーを飲んだ時でした。

朝起きてすぐのコーヒーが欠かせない方は入院時にコーヒーを持っていくといいかもしれません。
お湯は自由に使えますしコーヒーを禁止されているわけではないので自由に飲めます。
そのほか紅茶でも昆布茶でも、禁止されているわけではないので持っていったものは自由に飲めました。

入院中もコーヒー禁止ではないのですが、飲んでる人はいなかったですね。
みんなお茶、それも麦茶やほうじ茶、あとは水をよく飲んでいました。

今ではもうすっかりお菓子もコーヒーも日常的に取っていて、また頑張って病院の食事のようなものに戻してみようかなと思うようになりました。

やっぱり日頃の食生活は大事ですよね…。
納豆とか、イソフラボンも取らないといけませんし。
そういえば更年期症状のせいもあってわたくしコレステロールも高いんでした

やはり自分の体のことは自分でメンテナンスしていかないとなんですよね、とくに食事のことでは。

わたくしものすごく面倒くさがりなので料理の手抜きは大得意なのですが、そろそろそんなことも言ってられないお年頃です。
美容と健康のためにみなさまもお気をつけくださいね。

子宮全摘出 手術の傷 手術直後と4カ月後の現在のようす(写真あり)

子宮全摘出 手術の傷ビフォーアフター

手術4カ月後の傷あとの状態


手術後の生活はほとんど元通りでもお腹の傷はまだまだしっかり目立ちます。
と言ってもわたくしも週に1回アトファインを貼り替える時に見るだけなので数えるほどしか見ていないんです。

日常生活で傷をかばうようなこともほとんどないのですが、相変わらずアトファインは貼っていて、さらに腹帯も巻き続けています。

冬なのでちょっとあったかいというのもあり、さらに守られている感じがして、たまに物が当たったり、バックがお腹にあったりした時に巻いててよかったと思います。


今お腹の手術あとはどんな感じかというと、↓こんな感じ。

[手術後4カ月の傷あと]



ちょっとグロいので苦手な方はスルーしてくださいね。

いつかUPしようと思っていた手術あとの画像ですが、ズボラなわたくしはアトファインを貼り替える時に写真をとるのを毎回忘れていました。

術後2カ月くらいからこんな感じだったような…?
ちゃんと写真撮っとけよって感じですね。

適当な性格なのであまりよく憶えていないのですが、2カ月後から4カ月まであまり変わっていないような気もします。

まだまだ、というか今後しばらくこんな状態なんじゃないかと思いはじめていますが、けっこう目立ちます
それでも少し薄くなったかな?というくらいですかね。


そろそろスーパー銭湯デビューしたいなと思っているのですが、この傷むき出しは目立つかなと思ってまだ行ってません。

一人で行くなら別にいいかなと思うのですが、友人と行くのはちょっとまだ無理ですね。もし一人でスーパー銭湯行くとしても多分アトファインは貼って行くと思います

寒い時期はお湯に浸かりたくなりますよね。
毎年冬は後楽園にある『ラクーア』に時々行くのですが、この冬は行かずに終わっちゃうかもです。

気にせずガンガン行ってる方もいるみたいなので、傷跡をチラ見されることを気にしなければ、体の面では温泉、全然大丈夫なので本人の気持ち次第ですね。

意外と他人のことはみんな気にしていないものなので、生理がなくなった分気にせず思いっきり楽しむのもありだと思います


手術直後の傷 わりとキレイだったと思います

ちなみに手術直後の傷はこちら↓

[手術後3日目の傷]


この頃に比べたらかなり良くなっていますね。

この時は傷の見た目がどうこうというより痛みの方が気になっていました

幸いにも硬膜外麻酔が良く効いたので手術後麻酔が効いている間はあまりつらくなかったです。

横に細かく貼っている白いテープは病院で手術後すぐに貼ってくれたテープです。

全身麻酔から覚めて、初めて傷を見た時にはもうこのようにテープが貼られた状態でした

テープで傷が隠れているせいか、思ったより荒々しい傷跡じゃなくてホッとしたのをおぼえています。
しかしこの後、硬膜外麻酔が切れてからは、傷の痛み(内部)と腸が動く痛みで傷を気にするどころではなかったんですが…。

準広汎子宮摘出術はよくある手術とはいえ、手術後体への影響は様々なところに出ました

子宮と子宮頸部・卵管をとって終了、と言ってしまえばそれだけなのですが、その後の排尿、排便、お腹の筋肉が復活するまでのことなど、なかなか手術前には想像できず、手術後に焦ったりもしました。ていうか、かなり焦りました。

そして卵巣を残したものの更年期症状も出ていますし、手術後自分にどんな変化が起こるのかはやってみないとわからないということなんですよね。

しかしある程度どんなことが起こりやすいのか知った上で手術に挑むと不安は少なくなります
事前に調べておくことは無駄ではないと思います。

これから手術になるかも、というかたはいろいろ不安になることもあるかもですが、手術が終わって4カ月がたち、わたくしは普通に生活できています。

手術後の最初の1カ月は何かと体が思い通りにいかず不安でしたが、やはり医者様から言われた通り、1カ月でかなり回復しました

2カ月過ぎた頃には、もう仕事も問題なくできていましたし、体力も戻りました。


傷の状態は4カ月たった今でも目立たないとは言えませんが、生活上問題ないので見た目の問題だけです。

傷の写真は今後もときどきUPしようと思います。
また気が向いたら読みに来てもらえたらうれしいです。