【手術12週間後】プラセンタ注射を試してみました

手術後12週目

子宮摘出手術後、更年期症状の関節痛がずっと気になって女性ホルモンエストロゲンに似た成分を補うサプリメント「エクエル」を飲んでいました。

サプリメントが功を奏して指の関節痛はなくなり、残るはひざの関節の痛みだけになっていたのですが、整形外科で気になったプラセンタ注射を試してみることにしました

プラセンタ注射更年期症状の改善のためなら保険適用になるので1回の注射1アンプルを500円で受けられます

更年期症状の改善のためには週に3回ほど注射を打つのがオススメのようです。
サプリメント「エクエル」よりだいぶお高くなってしまいますが美肌効果も高いプラセンタ注射。
以前から気になっていました。

そうはいっても副作用や感染の可能性はほぼないとはいえ、リスクは完全にゼロではないので少しどうしようか迷っていたのです。

整形外科でプラセンタ注射

週3回が目標のプラセンタ注射。ひざの関節痛と美肌のために定時の6時に大急ぎで退社し、整形外科へ駆け込み、注射の受付をしましたが、結構受付時間ギリギリ。

仕事の後に病院に行く大変さはお勤めの方にはあるあるネタですが、プラセンタ注射のためにギリギリ駆け込むわたくし、あまり急ぐとひざと足の親指の関節に痛みが…。

エステのような感覚でゆったりと注射を受けるかたもおられるようですが、わたくしの余裕のない駆け込み注射のせわしなさに痛々しいものを感じました。

これを週3回できるかしら?と初回ですでに怪しかったわたくし、2回目は案の定受付時間に間に合わず
平日に駆け込むのを諦めて土曜日に受診することにしました。

が、土曜日の整形外科の混み具合をわたくしなめていました。
注射のみの受診ですがそのために1時間近くかかってしまいました。

そういえばこの病院、以前連休明けに関節痛で受診したのですが受付に「2時間半待ち」というプレートが置いてあってそのまま帰ろうかと思ったことを思いだしました。

毎週貴重な土曜日こんなことに時間を使うわけにはいかない。
プラセンタ注射なら他にもたくさんできるところがあるはず。

というわけで別のクリニックを探し、見つけました。

別のクリニックで週1回3アンプル注射

クリニックでプラセンタ注射

プラセンタ注射 1回3アンプル、2400円このクリニックでは週に1回まとめて3アンプル注射することができます。そして待ち時間は5分程度。
しかし保険適用外になります

さっそく3アンプル試してみることにしました。

プラセンタ注射はラエンネック製メルスモン製の2社の製薬会社が製造していますが、更年期障害に使われるのはメルスモン製ラエンネック製は肝障害などに使われることが多いようです。

しかし効果はどちらもそこまで変わらないようですので特にどこ製のものと表示していないクリニックもありました。

わたくしが行ってみたクリニックでは2つをミックスして注射することもできますが、わたくしは迷わずメルスモン製を3アンプルお願いしました

週に1回の通院で時間も10〜15分ほど。
これなら無理なく通えそうです。

まだ効果はわかりませんが、プラセンタ注射を打ってからエクエルを飲むのをやめました
そしていまのところ関節痛は出ていませんのでしばらくプラセンタ注射にしてみようと思います。

美肌効果も期待している下心みえみえですが、そもそも保険適用外なので何目的でも問題ありません。

女子にとってもおばはんにとってもお肌の調子はその日の気分を左右する重要項目であります。

以前看護師さんから「疲れに効く」と聞いていたので今後そちらの効果にも期待しています。

卵巣を残しても更年期障害になることもある

卵巣を残しても更年期障害になることもある

子宮摘出後3週間目ではじまった更年期症状


子宮摘出後3週目からはじまった指の関節痛。
原因は女性ホルモン、エストロゲンの減少でした。

手術で子宮を全て摘出しても卵巣を残すことで更年期障害になることはないと自分でも思っていましたが、実際はおもいっきり更年期症状が出ています。


これは自分でも予想外で、リュープリン注射を打った時に何もなかったのでもう大丈夫なんだろうなと甘くみていました。


しかも、関節痛という更年期症状の中ではわりとマイナーな症状。

これが多汗、のぼせ、めまい、などならすぐ気付いたと思いますが、関節痛がではじめたころは更年期とは全く思わず、リウマチになったのかと焦って整形外科に行きました
更年期症状にはこういう症状もあるのですよね。

今のところひざの関節痛以外はなくなったので少しほっとしました。


何が原因でエストロゲンが減ったのか

何が原因でエストロゲンが減ったのか

リュープリン注射の影響もあってエストロゲンが減少したのか、それとも手術の影響で卵巣機能が落ちたのか、原因はわかりません。

もしかしたらただ年齢のせいでちょうど今の時期に卵巣の機能が落ちただけなのかもしれません。

原因はいろいろ考えられますが、辛い更年期症状はエストロゲンを少し補うことでかなり改善しました。

わたくしの場合は、関節痛だったので、放置すると関節の変形を起こしたり慢性的な痛みなど、症状が悪化することが考えられました

手の指の関節痛、ヘバーデン結節、ブシャール結節はリウマチと同様、早期診断早期治療が大切です

もし関節痛が始まったらエストロゲン減少のせいかもしれません。更年期症状だからと軽く考えずに早めに治療をスタートしてくださいね。

とはいえ更年期障害の治療法というのはあまり多くなく、基本的にはホルモン補充療法になります

病院に通うほどでもない場合は、市販のサプリメントでもかなり症状が改善されるのでとりあえず試してみるというのもおすすめです。

病院に通ってもわたしくしが勧められたのは、エストロゲン補充のためのサプリメント。
サプリメントは保険適用外で全額自己負担になるので自分で、買っても金額は同じなんですよね(ちょっと高い…)。

いまのところこれで症状が治まっているので今後も飲み続けることになりそうです。


サプリメント以外にプラセンタ注射という方法も

サプリメント以外にプラセンタ注射という方法も

サプリメント以外にはプラセンタ注射を受ける方法もあります

わたくしが受診した整形外科でもプラセンタ注射を受けることができました。


プラセンタ注射の場合は更年期障害で保険適用されるので通常の注射料金よりお安くなります

わたくしが受診した整形外科では保険適用で1アンプル500円

しかし保険適用内の更年期症状緩和のための注射は1回1アンプルまでです。

週に1アンプルを2〜3回注射することで症状がかなり改善される方が多いようです。

そのほかにも美肌目的や疲れた時に疲労回復目的で注射に通う方も多いようです。

わたくしが整形外科で順番待ちをしているときにも、数人の方がプラセンタ注射を受けに来ていました。

サプリメントより少し高めになってしまいますが、注射して直接体に取り込むので効果は期待できそうです。

いまでは身近な内科や整形外科、皮膚科などでもプラセンタ注射を受けられるところが増えたのですでに受けた方の体験談も聴きやすいですね。

わたくしも以前かかった内科でもプラセンタ注射をうけられたので看護師さんにきいてみましたが、「私も打ってるのよ、疲れた時にいいわよ」と教えてくれました。

ただ手軽になったとはいえ、一度プラセンタ注射を打つと輸血ができなくなります


輸血ができなくなることの理由を考えると、それなりにリスクはあるのでよく考えてから挑戦してみてください。



【手術10週間後】子宮摘出後の生活 女性ホルモン減少その後

手術後の生活

子宮全摘出術を受けてから10週間がたちました。
もう10週間というより、まだ10週しかたっていないのかという感じです。

仕事に復帰して日常生活にもどったせいか、手術が遠く感じられます。

子宮全摘出その後の生活の変化

手術後の生活


すっかり元の体力に戻り、2か月ほど前に手術を受けたとは言わなければわからないくらいです。

手術前後の引きこもり生活をしていたころは、少しの買い物でも「ふぅ、疲れた…」となっていたのですが、やはりかなり体力が落ちていたんだなと思います


そして歩いた後は内臓が下に下がるようなじんわりとした痛みがあったのですがそれも今はすっかりなくなりました。


腹筋もだいぶ元に戻ったようでずっと立っていると起き上がるとき、荷物を持つときなどおなかに力がかかっても何ともなく、動きも素早くなりました


手術後は何をするのにもゆっくり動いて「いてて」という感じでしたが、そうだったことを忘れてしまいそうなくらいで、そういう痛みは手術後1か月ほどでほとんどなくなりました。




腹筋がついてきたせいもあってか、おなかはへこんだままです。

取り出した子宮が650gもあったので、その分やっぱりへこみますよね。当たり前かもですが。

体重も手術直後は3kgくらい減っていてちょっとげっそりした病後感あったのですが、1.5kgくらい戻りました

職場に復帰して何人かの方に「少し痩せたんじゃない?」といわれ気になっていました。
いまさら痩せると老けそうなのでもう少しふっくらしてもいいかなと。


手術の前のお腹がパンパンだった頃、Lサイズのスカートでもウエストがキツく、ゴムを切って履いたりしていたのですが、それがいまではブカブカになってしまいました。
この際新しいスカートを買い直そうかと思っています。




今までおなかがパンパンでデニムパンツはずっと履いていなかったのですが、そういうことも気にしなくてよくなりました。
普通の服を買ったまま手を加えずに着られるのはうれしいですね。


それでもまだ傷が完全に赤みがとれていないのであまり圧迫したりこすったりしないほうがいいようです

洋服もいまのところ柔らかい素材のものを選んで着ています


もし筋腫がどんどん大きくなっていったらマタニティしか着られないかと思っていましたが、普通の体形にもどって洋服選びに困らなくなりました。
もしマタニティのような服を着始めていたら、もう洋服はそればっかりになりそうな…。

おなかをしめつけない服装ってラクですしね。

尿道のムズムズはまだ続く…


今、気になっているのは尿道のムズムズ
原因がわからないだけに対処できず…。
排尿後のムズムズは続いています


痛みはないので膀胱・尿道炎ではなさそうです。
手術後に尿道のムズムズになったという話はあまり聞かないのでわたくしの場合、尿管ステント留置で尿道からずっと糸が出ていたせいなのかと思うのですが、そろそろ治って欲しい…。
これが手術後一番辛いです。


それでも1か月ほど前までは1日に2回ほどこのムズムズが起きていたのですが、今は2~3日に1度と頻度が落ちたのでこのまま起きなくなってくれたらなと期待しています。

子宮摘出後のエストロゲン減少とひざ関節痛

ひざの痛みとエストロゲンの減少


手術後に起きたエストロゲンの減少で手の関節痛、ブシャール結節になっていたのですが、エクエルを1ヶ月飲んでみて手の方は全快しました
朝起きた時の指のこわばりもなくなり、やはりエストロゲンが減っているんだなと改めて思いました


手の関節痛と同時に起きていたひざと股関節の痛み、股関節の方は手と同様なにも起きなくなったのですが、ひざだけは痛みが残っています


手の関節痛や股関節の痛みでもそうなのですが、長時間同じ姿勢で動かずにいると良くないようです。
なので椅子に座っていても30分に一度は立って歩くなどなるべくこまめに動くようにしています。


しかしひざが痛くなってからかれこれ1ヶ月
変形性ひざ関節症の疑いもあり、整形外科に行くべきか悩みます。

とりあえず、正座は良くないらしいのでなるべく床に座らないようにしたり、軽いストレッチをしたり痛みがひどくならないようにしています。


今のところ耐えられないほどの痛みではないのですがエストロゲンの減少でこんなところにまで影響するんですよね。
わたくしはいまのところありませんが、更年期ののぼせやめまいもかなりつらい症状のようです。


ひざが痛くなる症状、変形性ひざ関節症はブシャール結節と同じように中高年から多発する関節症で年齢のせいとしばらく放置してしまうことが多いようです。


ひざ関節のストレッチひざを冷やさないなど、生活の中で改善できることもあるのでとりあえず悪化させないというのは大事です。


ブシャール結節もですが、悪化してからだと治療も難しくなるので早目に対処するのがなにより重要です

少しでも痛みを感じる場合は早目に病院で相談して悪化する前に治療を始めるのがベストですよ。
わたくしも整形外科に行ったほうがいいかも。。


【過多月経と抜け毛】貧血が治って髪が増えました

抜け毛1

手術で子宮筋腫がなくなるまえからリュープリン注射で生理を止めていましたが、最後の生理から半年たちました

当然かもしれませんが、生理の出血がなくなったので貧血症状もなくなり、ひどかった抜け毛が少なくなりました

過多月経を放置しているとどうなる?

わたくしが手術で摘出した子宮筋腫はかなり大きくて、10センチ以上でした。

年月をかけてゆっくり成長していった子宮筋腫ですが、過多月経かなと思いはじめたのは手術の7年ほど前でした

その7年間の間に少しずつ過多月経の状態がひどくなっていたのですが、生理増加から5年ほどは放置していてもとくに体調には変化がありませんでした

初期の頃はまだ、だんだん生理の量が増えるな、くらいで、ナプキンも昼に夜用超吸収などを使う必要もありませんでした。

当時の出血量は20代の頃と比べて、わたくしの体感ですがまだ1.5倍くらいの出血量でした。

それでもやはりこんなに生理の出血が増えて大丈夫かなと心配になりましたが…

この頃、多分子宮筋腫なんだろうな、と思う程度で病院にも行かず、健康診断でも婦人科検診を受けておらずほぼ放置です。

というのも、子宮筋腫は良性の腫瘍で、筋腫があるからといってとくに治療をする必要はないと軽く考えていたからなのです。

確かにすぐに治療する必要はないし、閉経後は少し小さくなるものなのでもし病院に行っていたとしても強い貧血症状さえなければ治療はとくにしなかったと思います。

レバー状の塊が何回出るか

ちょっとエグいお話で恐縮ですが、過多月経ってどれくらいの量になるのかの目安としてわたくしの生理が増加していったことを書きますと、増加量というか、レバー状の出血の増加が目安になるかと思います。

このレバー状の出血がどれくらいあるかですが、初期の頃は1回の生理で1〜2回程度で、しかも大きさも4センチくらいでした。

だんだんこれが増えて、手術直前には数えきれないくらいになってました。
この状態になるとかなりひどい過多月経で、とくに生理2日目、3日目は1日に10回くらいレバー状の出血がありました。

あまり気にしない性格のわたくしでさえも、これは病院に行った方がいいかもと思ったのはレバー状出血がかなり増えた頃、手術の2年ほど前です。

ナプキンも昼でも夜用超吸収などを使っていましたが、この状態になると過多月経まちがいなしです。

出血量も20代の普通の生理頃の量の5倍以上あったように思います(体感)。


この頃は生理2日目くらいから脳貧血を起こすことが度々ありました
とくに夏場は貧血を起こすことが多かったのでなるべく立ちっぱなしにならないように気をつけていました

生理が増加しはじめてからの5年ほどは放置していましたが、生理の量が増えすぎて対処に困るようになったのが病院に行こうかと思った一つのきっかけでした。

ちょうど健康診断があったので、ついでに婦人科オプションを追加で受けてみましたが、超音波検査ですぐに子宮筋腫のことについて言われたので、「あ、やっぱりあるんだな」と思いました。

抜け毛が増えたと感じるなら危険


この健康診断で子宮筋腫がわかった頃、今から2年ほど前ですが、抜け毛の量がものすごく増えていましたさらに白髪も激増

もちろん年齢的なものも大きいと思いますが、ちょうどこの頃、貧血がかなり悪化していました。
出血量がすごく増えていたので貧血になるのは当然なのですが、貧血なんてめずらしくないのであまり心配していなかったのです

しかし、やはり今思えば良くなかったと思います。
貧血くらいと思いがちですが、健康面でも美容面でもしっかり改善するに越したことはありません。

髪が急激に減っている時点で美容面ではかなりマイナスですし、髪に栄養が行かないということは肌も同じ。
血流が悪いと肌の老化にもつながりますので女性にとってとても危険な状態です。

貧血と抜け毛のはなしはこちらも
 ↓ ↓
【子宮筋腫】5cm以上は注意!貧血と抜け毛


病的な量の生理、過多月経による貧血はレバーを食べる程度では改善されません。
わたくし鉄分の多い食品を取っていた上に、ほぼ毎日鉄剤を飲んでいましたが、貧血症状はずっと続いていました。



髪の量が徐々に減っていった時期

髪の量がかなり減り始めたのは3年ほど前で、皮膚科にも行ってみました。

このときは貧血が原因の抜け毛とはわからず、またこれも放置だったのですが、皮膚科では甲状腺の検査をしました。しかし異常なし。

年齢による抜け毛増加だとわたくしも思いました。

そしてサイドの髪が明らかに減ったなと自分でわかりましたし、美容院でもずっとカットしていないのに、全然髪が伸びないことも気になっていました。

さらに頭頂部の地肌の見え方。これが一番わかりやすいのですが、

あれ…? こんな地肌見えてた?


と気づいた時の衝撃。

その後子宮筋腫と診断されて貧血がわかり、鉄剤を服用するようになりましたが抜け毛の量はあまり変わりませんでした。

鉄剤を飲んでいたのは1年半くらいですが、その間もずっと髪は抜け続けました。

薄毛の進行は鉄剤の効果なのかストップしましたが、新しい髪が生えてもすぐ抜けるのくりかえしで、だんだんロングヘアがセミロングに縮んでいきました。

ただ、髪の量自体は鉄剤を飲みはじめてからは急激に減ることはありませんでした。

しつこいですが、美魔女を目指す女性の皆さん、コラーゲンをとっても貧血だと栄養が体の細部に行き渡らないので貧血は女の敵です。すぐに治療していきましょう。



生理がなくなって抜け毛が激減しました


そして今、生理がなくなって半年が過ぎ、髪の量が戻ってきました

とくに頭頂部の地肌が見えなくなり、ほぼ貧血以前の頭皮の見え方になりました


短い毛がたくさん生えてきて地肌が隠れて見えなくなりました。

そしてシャンプーした時の髪のもさっとした手触りで毛量が増えたことがよくわかります。

抜け毛の本数を数えていたわけではないので正確にはわからないのですが、排水口のお掃除をする時に見る抜け毛の量は半分以下に減り、わたくしも驚きました。

髪を束ねたときの髪の太さも、手術前に比べて1.2倍ほどに回復しました

年齢とともにどこまで髪が減っていくのか心配でしたが貧血が改善しただけでここまで髪が増えたので良かったです。

毛量が気になる方はもしかしたら貧血が原因かもしれません

貧血検査は病院で簡単にできますので、内科にかかった際についでに検査してもらえます。

そしてもし貧血だとしたら、鉄剤を飲めば貧血自体はすぐに改善します。

なんとなくだるいとか、血流が悪くて肩が凝るなど、ほかの症状もよくなって生活の質も改善されます。

抜け毛が悪化したり、肌にダメージがくる前に、自覚症状がなくても年に一度は検査してみるといいですよ。

【手術2か月後】手術後の回復状態

手術後無事2か月が過ぎ、完全に手術前の生活に戻りました。体力も戻り、普通に長距離歩いたりしていますし、買い物で重いものを持ったりもしています。

生理がなくなった分、貧血症状はでなくなりました。
階段もいつのまにか普通に登れるようになっていて、いつ平気になったんだろう?という感じです。


傷病手当金支給申請書、戻らず


手術入院で仕事を休むことになった時に、「限度額適用認定証」の手続きと一緒に「傷病手当金」の書類ももらっていました。


病気やケガで仕事が出来なくなった時に生活に困らないために今までのお給料の2/3が支給されるありがたい制度です。


いままでのお給料の2/3とは、休み前の1年間の平均額の2/3の金額。

傷病手当金

例)過去1年間の平均の月給が30万円なら、20万円が支給されます。


病気で働けなくなっても、「限度額適用認定証」を申請すれば、高額な医療費を請求されることもなく、さらに仕事を休んだ期間それまでのお給料の2/3は支給されるので、病気になったら即お金に困る!ということはありません。

しかし、わたくしこの「傷病手当金申請書」を8月末に病院に提出しているのですが、まだ病院から送られてきません

8月末に提出した際に、病院の書類提出窓口で「1か月半くらいかかりますのでそのつもりでお待ちください」と言われ、そんなにかかるのか、とかなりがっかりしたのですが、1か月半どころではありません…。

提出してから3か月たってしまいましたが、まだ郵送されてきません。


何か手違いがあったのか、不備があったのか、心配になって病院に問い合わせてみたのですが、「まだできていません」とのご返答…。


いやちょっと、遅すぎない?


正直こんなに時間がかかるとは思っていなかったので調べてみたのですが、こういう書類作成にかかる時間は病院によってまちまちなようです

すぐできるところでは1週間もかからないようなので、かなりの差があります。

やはり大きい病院はかなり時間がかかるようです。もし気になるようなら事前に病院窓口で聞けばだいたいどれくらいかかるのか教えてくれます



アトファイン貼りっぱなしの傷口のその後


お腹の傷はもう全く痛くないので存在を忘れそうなくらいですが、おなかを生で見るとやはり目立ちます

縫い目はきれいですが、傷はまだまだ赤みがあるのでテープはもうしばらく貼り続けようと思います。


普段アトファインをずっと貼りっぱなしなので生の傷を見るのは週に1度のテープ交換のときくらいですが、テープをはがしてみるとやはりまだ傷はなまなましい見た目をしています

いずれ傷の赤みが取れて目立たなくなっていくようですが、手術後2か月目ではまだまだ。
これで温泉にいったら注目を浴びると思います。

もしスーパー銭湯とかに行くならテープ貼りっぱなしの方が目立たないのでそうしようと思います。

更年期症状関節の痛み、その後


女性ホルモンエストロゲンが減ったことで関節の痛みがでていましたが、指の関節痛はでなくなりました。それだけでもかなりほっとしています。

仕事柄指は良く使うので、このまま指関節が痛かったり変形したりしたら職を失うのか?とちょっと焦っていました。

指関節の方はエクエルを飲み始めてから1週間以内にかなり軽くなりました。

現在、エクエルを飲み始めてから3週間ほどたちましたが、指関節の方は全快
ただひざ関節は座った後立ち上がると今でも少し痛むんです。

立ったり座ったりよく動いているときは痛みはないのですが、しぱらくじっと座っていた後に立ち上がると「いててて」って感じ…


いまのところ激痛というわけではないのですが。

寒い季節がやってきました…。
大丈夫かしら、ひざ。



ずっと同じ姿勢だと傷みやすいことに気づいてから20~30分に一度は立ち上がって少し歩いたりするようにしています

手術前後で変わったこと


手術をして一番変わったことといえば、おなかのぽっこりがなくなったこと。

そして貧血が治って鉄剤を飲まなくてよくなり、階段を上るのもつらくなくなりました

貧血が治ったことで抜け毛が減った。いいことはたくさんあるのですが、マイナス面も…。

関節痛でエクエルを飲んでいること。そしてエクエルを飲んでもひざ関節が痛いこと。

尿道のムズムズがまだときどき起きるし、快便度合いも手術前の8割くらい

そして開腹手術の傷はまだまだ目立ちます

手術後2か月、手術をしたのはずいぶん前のように思いますが体の回復具合はまだこのような感じです。