*ZENY*不動産投資blog

Real estate investment blog. Aim to be rich.

カテゴリー: 老後資金 (page 1 of 2)

シングルは不動産を買うべきか 賃貸一人暮らし女性の場合(2)

前回につづいてシングルが不動産を買うべきか考えてみます。
お金の悩みはシングルでも結婚していても尽きることはありませんが、そのなかでも大きな割合を占める住居費について考えてみました。

特にシングルの場合、今後結婚する前提で考えるとマンション購入など自分には関係ない話に聞こえるかもしれませんが、住居費は大きな金額です。
一度しっかり考えてみて損はないですよ。

前回は賃貸で5年間家賃を支払った場合と1300万円のマンションを購入した場合を比較してみました。

↓前回の記事を読んでいない方はまずそちらをどうぞ。
シングルは不動産を買うべきか 賃貸一人暮らし女性の場合(1)


シングルなのに不動産を買うのはためらいますね。
だいたい買ったところでそこにどれくらい住むのかわからないし、買うとなったら自分一人でローンを払っていかなくてはならないし。
それはそれでけっこう重いものを背負ってしまうような…。

しかし、不動産は買ったからといって一生そこに住まなければならないわけでも一生ローンを払い続けなければならないわけでもありません。

それではシングルで自宅マンション購入したものの素敵な彼と結婚が決まった場合を考えてみましょう。

5年後に素敵な彼とめでたく結婚して引っ越しとなった場合

前回試算した1300万円、東京23区内、1Kのマンションを例として考えてみます。

5年後マンションを賃貸に出した場合


家賃8万5000円で賃貸(1300万円、1K)
ローン返済月額 38,610円(返済期間30年、金利0.45%)

これに修繕積立費と管理費がかかってきますのでそれらを仮に12,000円とします。

毎月の支払い合計 50,610円

8万5000円(家賃収入)− 50,610円(毎月の支払い合計)
= 34,390円

毎月 34,390円のプラスになります。

年間 412,680円プラスです


5年後マンションを売却した場合


5年後のローン残債(ローン残り25年分) 1095.3万円

月返済額 38,610円

もし1300万円で売却した場合、ローン残債を引くと
205万円プラス

ここから売却手数料など約70万円として計算したとしても

5年間で、約130万円のプラス

になります130万円あれば新しい家具なども購入できるのではないでしょうか?



比較のために賃貸マンションにずっと住み続けた場合を試算してみましょう。

賃貸マンションに住み続けていた場合に支払う賃料
97.5万円(12.5ヵ月分)×5年間=487.5万円

賃貸の場合、住居費が年間100万円近い金額になってしますので5年間で約500万円


これを購入した場合のローンの支払いと比較してみましょう。

ローン返済 月額 38,610円

これに修繕積立費と管理費、仮に12,000円を加えたとしても
38,610円 + 12,000円 = 50,610円(月)
年間だと60.7万円です。


賃貸の場合との年間の差額は36.8万円になってしまいます。

5年間の差額にすると約184万円

それなりに大きな金額になってしまいます。



マンションを買ったら結婚できなくなりそう?

よく「マンションを買ったら結婚できなくなりそう」という理由を聞くのですが、本当にそう思いますか?

しっかり自宅マンションを購入していて結婚した人を何人も知っていますが、持っていたマンションは兄弟に売ったり、普通に売却したり、賃貸している人もいます。

どちらかというと自宅を購入していてすでに何年かローンを払っている女性の方が経済観念がしっかりしているということですし、動産は資産になりますので売却益を得ることも賃貸収入を得ることもできるので好意的にみられることの方が多いと思います。


男性も経済的な不安を持っている方がとても多いので、将来のお金のことをしっかり考えている女性は男性から見ても魅力的だと思います。


とはいえ、自宅マンションを購入できる人は確かに年収が高い女性が多いのですが、たとえ年収が高くなくても自宅であればローンもとおりやすいですし、頭金も投資物件を買うより少なくて済みます。
さらに現在の超低金利、利用しないのはもったいないですよ。


[まとめ]

● 5年後賃貸したら
 毎年42万円の家賃収入ができる

● 5年後売却したら
 売却益 約130万円

賃貸住まいのまま5年間過ごした場合と5年間ローンを支払った場合(管理費等含む)の差額184万円は、貯めようと思うと節約したりつみたてを考えたりそれなりに努力が必要です。

しかし、賃貸をやめるという住居費の見直しで5年間で今までと同じ生活をしながら貯めることができます。

そして5年後に売却すればさらに130万円の売却益も得られます。

改めて今払っている家賃、考え直してみてはどうでしょうか。

不動産にどれだけどんなお金の使い方をするかで10年後、20年後かなり大きな差がつきます。

毎月の支出に占める割合も大きいので一度良く考えてみてくださいね。


[関連記事]
シングルは不動産を買うべきか 賃貸一人暮らし女性の場合(1)

シングルは不動産を買うべきか 賃貸一人暮らし女性の場合(1)

結婚するかもしれないのに不動産を買うのか

女性の人生を一番大きく左右するのは今でも結婚かもしれません。
結婚するかしないかに関わらず、一生関わってくるのがお金です。
仕事と結婚とお金、どれも悩ましい問題ですよね。

そこでよく聞くお話、『シングルは不動産を買うべきか』賃貸一人暮らし女性の場合を考えてみました。

結論から言うと絶対買ったほうがいい
それでは早速試算してみましょう。

都市部でよくある例をあげてみましょう。

[例]由紀さん 38歳 年収430万円

  賃貸マンションに一人暮らし
  実家に戻るつもりはない
  結婚は絶対にするつもり

  今住んでいるところの家賃 7万8000円


結婚するかどうかは不確定要素なので、最悪の場合のずっとシングルだった場合を考えてみます。

この最悪の場合を考えたくなくて試算する事を避けますよね。そんな事あるわけないし。
でもリスクヘッジのためと割り切って冷静に考えてみます


自宅マンションを買わずに賃貸に住み続けた場合


今後も家賃を払い続けた場合
(85歳まで賃貸すると仮定)

97.5万円(12.5ヵ月分)× 47年間 
= 4582.5万円


なんと、4500万円以上も支払うことになってしまいます
試算では85歳まで住んだ場合としていますが、現在も平均寿命は伸び続けています…。

もしかしたら90歳以上まで生きるかも…。うわっ、考えたくない。
と思うかもしれませんが、あり得る話です。


自宅マンションを買った場合


いま賃貸で住んでいるところより少しグレードアップして、38歳女性が住むのにふさわしい東京23区内の1Kのマンションを購入したとします

価格 1300万円
フルローン 金利0.45%
ローン期間 30年

支払い総額(借入金+利息) 1390万円
購入手数料・登記費用等 約70万円

総額 1460万円

賃貸した場合と購入した場合の差、
3092.5万円


試算してみると、圧倒的に買った方が安いです

たとえ結婚するとしても、絶対に買った方がいい都内の自宅マンション


先ほどの試算どおり、圧倒的に買った方が安いです
これはだれでも試算できることですが、自分で計算してみようと考える人は意外に少ないのです。

結婚するかもしれないということと、85歳まで生きないかもしれない(長生きしたいと思っていない)ということで、マンション購入は考えたくないことになってしまうんですよね。

結婚を前提に生きている女性にとっては「買っちゃったら終わり」という言葉を聞いたりします。
確かに、マンションを買ってしまったら、いよいよ覚悟決めたか?と自分でも思ってしまいそうです。

さらに「結婚あきらめたの?」なんて親や兄弟からも何か言われそうな、触れられたくない部分のネタになりそうな気がして、なんとなく避けたくなりますよね。

しかし、実際にかかる住居費を考えてみると、もしかしたら買わないリスクの方が「終わり」という言葉に近いのかもしれません…。
老後は何かとお金が必要になります。ここは冷静に比較してみましょう


もしマンション購入で身内に結婚ネタで突っ込まれたとしても、「将来賃貸して年金の足しにする」とでも答えておけばいいのです。

次回、マンション購入した後5年後にめでたく結婚した場合を試算します。

マンションを購入し、売却または賃貸した場合と、買わずに賃貸に住み続けた場合を比較してみます。

【空き家】活用できれば安定した副収入に 不要なら即売却

2棟目におすすめ 空き家再生

年末年始を実家で過ごしたときにいつも思う地方の増え続ける空き家。
自分の実家もいずれ空き家なのか?と他人事ではありません。
そして空き家を相続したものの処分に困っているという話をよく聞くようになりました。
2015年に施行された空家法(空家等対策の推進に関する特別措置法)。
これ以降空き家を放置することができなくなりました。

特定空家と認定されて指導を受けたにもかかわらず放置し続けていると「勧告」が出され、そうなってしまうと固定資産税が最大で6倍にもなってしまいます。

空家等対策の推進に関する特別措置法(概要)

両親が亡くなって実家を相続したものの誰も住まない

子供がいない叔父が他界して古家を相続した


など、誰にとっても起きそうな問題ですよね。
自分にも起きそうなことでもいざとならないと自分のこととして考えてみないものです。

不動産に興味も知識もない場合は何もせず即売却すべし

普通は不動産の売買など一生に一度あるかないか。
相続したもののどうしていいか困ってしまうことも多いでしょう。
そしてせっかく相続した物件だとしても、リフォームして賃貸経営しよう!と考える人は実際はあまりいないようです

せっかく相続した不動産、といっても古い木造家屋と人口が減っている街の土地の場合、再生して不動産収益を得るのは実際、かなり難易度高めになります

即売却するか賃貸経営するかはいくつか不動産の再生を経験した方でも立地次第では売却を選ぶでしょう。

もしうまく活用できそうにないなら早めに売却に動くのがいちばんの得策です

いらない不動産を相続したら長く持たず即売却

すべて業者に委託するなら入念な見積もり比較は必須

高額な費用を請求される詐欺業者に注意
 土地価格は自分で調べる

木造家屋は空き家になると急速に劣化が進みます。窓を閉め切った部屋の中はカビが生えやすく、害虫の住みかにもなってしまいます。
さらに庭の木が伸び放題になるのも時間の問題。

こうなってしまうと自治体から植木の伐採の指導や勧告などが来ます
庭の手入れにも費用がかかってしまうし放置して痛んでしまった家はかなり値下げして売却することになってしまいます

そうなる前に早めに不用品を処分し売却できるまでに持っていきましょう。

身内を亡くした後この行動に移るのが本当に大変なのですが、先に伸ばしてしまうと植木や家の修復などの余計な手間もお金もかかってしまいます。

もしそんな気力が湧いてこない、という場合は少し高額になってしまいますが不用品処分から不動産売却までおまかせでやってくれる業者に頼むのもありだと思います。

ただこのとき、業者選びはしっかり見積もりを比較して決めてください
びっくりするような高額な費用を請求されることがありますので事前の相場調べと見積もり比較は必須です。

建物の値段は築古の場合ほぼ価値なしと判断されることが多いですが、土地の値段はしっかり下調べして業者の言い値で売却せず、納得できる金額で売却してください

土地の値段を路線価で調べるには【全国地価マップ】

相続は不動産以外でも知識がないと大変な思いをしたり、思っていた以上の相談料を払うことになったりします。

誰にでもおきる可能性があることですので事前に準備して冷静なときに知識を得ておけば、騙された、失敗した、ということは避けられますよね。
不謹慎だと思わずに平常心で余裕があるときにいくつか業者のあたりを付けておいてもいいと思います。


相続した不動産をどう使うか
自分で稼ぐ力を身に付けるチャンス


自分が住まないにしても活用できそうな不動産を相続した場合、その不動産でいくら稼げるか、自分の力で生きていく力をつけるチャンスと考えて不動産投資に挑戦してみてはどうでしょうか?

活用できそうな不動産は融資を活用して収益化する

相続や不動産賃貸で得た知識は今後も使える

お金の知識は何にでも応用可能 自分で稼ぐ


やってみようという気持ちがあれば、リフォーム代は日本政策金融公庫などでも融資をうけることができますし、長い間家賃収入を得られるのでその間の収益をトータルで考えればすぐに売却するより大きなリターンを得ることができます

実際相続した実家を賃貸経営して不動産投資の良さを知り、普通のサラリーマンから投資を拡大していった例もありますので、やってみようという気持ちさえあれば空き家相続はいい機会になると思います。
相続もひとつのチャンスですのでこれをどう活かすのか。あなたならどうしますか?

普段からお金の知識を持っていれば、税金面でも保険でも無駄がなく相続の場面でも資産をうまく活かせます

副収入を得るための今の副業ブームは、会社員として働き続けることに不安を感じる方の多さを物語っていますし、実際に大手に就職した方でもリストラの危機に直面している姿を見ると明日は我が身かと不安になりますよね。

今勤めている会社も自分が60歳を迎えたとき経営状態がどうなっているかわかりませんし、自分自身も会社でどういう扱いになるのか不安がない人はいないと思います。

会社の収入だけでは不安だけど副業は会社で禁止されている。
そういう場合も相続で得た不動産を賃貸するのであれば副業とみなされることはほぼありませんので、本業以外の副収入を得たい方にはとてもいい方法だと思います。

自分の力でお金を稼ぐことはこれからますます必要になっていきます。
何か一つ新しいことを始めるとそれに関連したさらに新しい知識も身に付いていきます

会社に依存せず自由で豊かな人生が送れるように、自分次第でいくらでも成長していくことができます。

空き家活用はサラリーマンでも副収入を得られるチャンスです。機会があれば、がんばってチャレンジしてみてください。

【投資の始め方】最初は「儲かる」実感が大事 女性のための少額投資

将来が不安になったら少額から投資をスタート

世の中の働き方の状況がどんどん変わっていく中、ふと10年後の生活は大丈夫だろうかと不安になることはありませんか?

2020年4月に施行される同一労働同一賃金。これによって正社員でも非正規労働でもどういう影響が出るのか、まだはっきりとはわかりません。

そんな状況で、正社員でもボーナスがなくなるかもしれない派遣の雇止めがあるかもしれない、など労働状況がかわることに不安を感じる方も多いと思います。

いまでも同じ会社で65歳まで働ける可能性はどんどん低くなっているので、もし、40代・50代になって仕事を失ってしまったらその先の補償は誰にもありません

終身雇用の崩壊や年金不安を考えても「自分で自分の面倒をみる」という流れにどんどん向かっています

そんななか、将来のために少しずつでも投資をしたほうがいいのはわかるけど、何をどうしたらいいのか? 投資信託を買うにしても種類が多くてよくわからないという話をよくききます

しかしわからないまま何もしないでいると後になって後悔することになるかもしれません。
情報と知識がないとままの人としっかり勉強している人との間に大きな差が開いてしまいます

最初の投資はリターンを実感できる分配型がおすすめ

投資信託で投資スタート


投資信託は本当に種類が豊富でプロでもすべての商品を知っているわけではありませんので詳しく知らなくても大丈夫です。

わたしが初めて投資信託を買う方におすすめするのは、毎月分配型ファンドです


例えば
「明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型) 」

1万口から購入でき、2019年12月現在1万口で約1万円

毎月分配金が1万口で120円支払われます。

毎月1万口ずつ買い足していけば。1年後には12万口。

毎月の分配金が120円×12万口=1440円
になっています。


これは途中で買い増しをやめても、12万口分の分配金はは毎月支払われるので投資したことで得られるリターンの実感がわくと思います。

毎月12万口分の分配金が1年間支払われれば年間1万7280円の配当金を得ることができます

女性にとってはこういう実感が大きなモチベーションになりますよね。

これだけの金額でもうれしいなと思うのですが、さらにコツコツ買い増していけば、年間の配当金10万円超もそんなに先のことではありませんよ


女性の人生は長い
投資で少額からでも大きく増やせる

女性の投資


一度投資で得られるリターンを体験すれば、どの投資でどのくらいのリターンがあるのか、またその投資のリスクはどのくらいなのか、だんだんわかってきます。

投資感覚が一番身に着くのは値動きを一定期間追うこと
自分が買った投資信託ならどれくらい上がったのか下がったのか気になるのでチェックしますね。

一つの投資信託の1年間の値動きがわかればそれと比較して他のものはどうなのか派生して知識が広がっていきます

「身銭を切る」といいますが、誰でも自分が払ったお金には真剣になりますよね!

わざわざ投資セミナーに参加するより自分で買ってみることが一番の勉強になることは間違いなしです


女性の人生はとても長いものになりました。
40歳で投資デビューしても平均寿命まで47年もあります!

長い時間をかければ、たとえ少額から始めた投資でもかなり大きな金額に増やすことができます。

1000万円、2000万円くらいならまったく夢物語ではありません
リッチなおばあちゃんになって孫に投資を教えるなんてかっこいいですよね。

宝くじを買ったと思って、1万円からでも投資をはじめてみませんか?

【不動産投資の始め方】投資で老後は今より豊かになる

40代・50代からでも遅くない不動産投資

不動産投資が以前から気になっていたけど結局やらないまま10年以上経ってしまったという方が意外と多くてもったいないなと思っていましたが、今からスタートしても全然遅くないです。

投資は時間を味方につけて増やすと言いますが、具体的に老後の生活を意識し始めるのは誰もがそんなに早いわけではありません

不動産投資は50代以降でスタートする人が珍しくない投資方法です。

むしろ30代の頃は自分の今現在のことで精一杯で、その先のこと、老後のことなどを考える余裕がもてなかったとしても仕方ありません。 まだ自分への投資に重点を置きたい時期でもありますしずっと先の心配より今を大切にしたくなるのは当然です。

しかも30代での未婚の割合も高くなっていますので、早めに将来設計をしたとしても、結婚するかどうかでその後の人生が大きく変わってしまいます。

ある程度落ち着いた50代から資産運用を考える人が多いのは無理もない話ですね。
不動産投資に関していえば、50代からでも5年ほど頑張ってみるとお金の不安がかなり少なくなります

40代からのスタートなら50代後半には老後の不安はほぼゼロにできます


戸建を一つ買うだけで老後が楽になる


例えば中古の一戸建てを500万円で買ったとします。ざっくりシミュレーションしてみると…


投資額500万円
家賃  7万円
年間家賃  84万円
税金・修繕費等諸経費  -14万円
年間利益(手残り) 70万円

7年間運用 70万円×7年=490万円


↓ この490万円に10万円をプラスして再投資
 さらにもう1戸中古戸建を購入した場合をシミュレーション

1件目と同じ条件の1戸中古戸建購入と仮定

再投資額500万円
家賃  14万円
年間家賃  168万円
税金・修繕費等諸経費  -28万円
年間利益(手残り) 140万円

5年間運用 140万円×5年=700万円



5年間2戸の戸建てを賃貸経営すれば大まかな計算上ですが700万円の利益を上げることができます

最初に投資した500万円を不動産で運用すれば12年間で700万円と戸建て2戸の資産になるのです

このまま購入した戸建てを丁寧に修繕しながら賃貸していけば毎年140万円の収入を得ていくことができます。

10年に一度大きな修繕をしたとしても十分賄える収益になると思います。

さらに現金が必要になったときに売却することもできますし、仮に売却するときに購入時の半分に価格が下がってしまったとしても12年後の資産は700万円プラス売却益の500万円で1200万円になります

これはかなりおおまかなシミュレーションですが、賃貸用の戸建てを2つ所有すればこれに近い収益を上げることは全然難しいことではありません


人生100年時代なら50代から資産拡大できる

ただ消費するだけの老後なら100歳まで生きれば確かにお金が足りなくなりますが、事業性のある不動産賃貸業であれば涯現役で事業を継続しながら豊かになっていくこともできます

先ほどのシミュレーションでも戸建て2戸所有で年間140万円の収益でしたがこれをさらに繰り返して賃貸用の一戸建てを増やしていくこともできますし、さらに規模を拡大して一棟アパート、もっと拡大してマンション一棟を買うこともできます

せっかく長生きできるのなら資産を拡大しながら生涯現役で賃貸経営するのも楽しいのではないかなと思います。

人生100年時代と考えると、資産の基盤を作るのは50代になってからでも決して遅くはありません。

長生きと老後資金の不安な面がクローズアップされがちですが、長く生きるということはスタートが遅れても挽回できる良い面もあるのです

長生きすればするほど豊かになっていく資産拡大法。

もちろん早く始めればもっとラクに資産を拡大していくことができます。
考えて迷っているうちにあっという間に5年、10年たってしまいます。資産形成、思い立ったが吉日です。

いまさら、と思わずに投資で長い老後を少しでも豊かにしてみませんか?

« Older posts