*ZENY*不動産投資blog

Real estate investment blog. Aim to be rich.

タグ: 副業

寝ていてもお金が入ってくる仕組みづくり[副業・不労所得]

将来の備えだけではない副業の必要性

年金支給年齢がだんだん引き上げられようとしています。
そう遠くないうちに支給年齢は70歳からが標準になってしまいそうです。

ということは、それまで働かないと収入が途絶えてしまうということですよね。

ただでさえ考えたくない老後のことですが、老後だけでなく、現役世代も豊かな生活をおくれている人なんてほんの一握りなので不安になります。

そんななかお給料以外になんとか少しでも副業で稼いでお金をためたい人が急増しています。

老後のためだけでなく、働き方改革で残業代が減った分を稼ぎたい今後お給料が増えそうにないから副業で増やしたいという人もとても多いです
備えあれば憂いなし。今からそう考えて動いている人はかなり賢いです。

このページに来ているような情報を自分でとりに行ける人は、その時点でもう大丈夫なのかもしれません。

私もとりあえず最底辺を脱出できたとはいえ、まだまだこれからのことを考えると安心できません。

不動産収入ができたと言っても日々出ていく生活費を賄うほどではないし、不動産購入の融資を受けるためには仕事は続けていないといけないので憧れのセミリタイヤはもう少し先になりそうです。

そしてさらに子供がいる人には教育費の負担も大きいです。これがまたエグいほど奪っていきます(泣)


副業するならスキルが身につくものか資産性のあるもの

不動産以外でおすすめの副業は描けるならイラスト、誰でもチャレンジできる写真など1つの素材を何回も売れるものは資産性があるので良さそうです。

あとはブログも書きためたものは資産になるので最初はあまりお金にならないと思いますが悪くないと思います。
アフィリエイトやせどりなんかもまだまだ稼げるようです。

せどりもアフィリエイトもマーケティングの学習につながるので一度この感覚を身につければ長期的に応用が効くスキルになります。
ネットでモノを売る能力は今後もかなり使えるスキルになっていきます。


逆にやめた方がいい副業は時間を売る単発バイト系
イベントの手伝いや単純作業系はスキルも身につかないしお金になるのもその時だけなので長期的に見たらメリット少なめです

単純に時間給で稼ぎやすいとか、他よりちょっと時給がいいという理由だけで決めずに、それをやることで身につくスキルを重視して選んだ方が自分にとってのメリットは大きいですよね。

たかが副業と軽く考えず、貴重な自分の時間を投資してやることなので自分のためになるものを選んでやってみてください


めざすのは不労所得を得る仕組みづくり

そして一番は資産性のある労働かどうか。

不動産は一度所有すればあとは毎月家賃を稼いでくれますし、イラスト、写真などは一度自分が作ったり撮ったりしたらあとはそれらをネットで販売するたびに収益が上がります。

こういうものを少しづつ増やしていけば最初は少額にしかならなくてもいずれは何もしなくても生活費が稼げるくらいの収入に育っていきます

イラストも写真も苦手ならブログで日記を書くだけでも誰かが読んでくれてそれが収入にもなっていきます。

そんなふうに何年かかけてでも少しずつ販売できる資産を育てて、いずれは寝ていてもお金が入ってくる仕組みを作るのが最強だと思います。

もちろん私の一番のおすすめは不動産の家賃収入ですが、ネットを使って家賃収入に近い不労所得を作ることもできるので、せっかくの貴重な時間を割いて副業をするならぜひそれらのものも検討してみてくださいね。


そしてお金のための副業ですが、楽しんでやれるかどうかも重要です
趣味の手作りアクセサリーも今ならネットで簡単に販売することが出来ます。
書道が得意なら希望の文字を書いて販売ということもできます。
アイデア次第いろんな稼ぎ方ができるようになったのは個人にとってはいい環境になったといえますよね。

あらためて考えてみたら、あなたにも今まで眠ったままになっている得意なことがいくつもあるのではないですか?

お金を稼ぐ方法が今までのようにアルバイト的な時間でお金を稼ぐことからネットを使ったものに変わってきている部分もありますので新しい情報を調べつつ、自分で楽しめるものをコツコツ長く続けていけたらいつの間にか副業を本業にすることもできるかもしれません。

特に子育て中の女性にとってネットを使った働き方は家ですき間時間にできて、コストもそんなにかからずに始められるのでパートで働くよりハードルが下がるのではないでしょうか。

会社も当てにできないし、年金もどうなっていくのかみんな不安です。

そんななかでもせっかく始める副業は楽しく無理なくやりたいですよね。

そして長期的に収益をあげる「稼げる仕組みを作る」という視点で選ぶのがお金に困らないしあわせな生活への最強ルートになりますよ。

せっかく始める副業なら楽しく長く育てて行けるものを見つけて、さらに充実した楽しい人生にしていきましょう。

【空き家】活用できれば安定した副収入に 不要なら即売却

2棟目におすすめ 空き家再生

年末年始を実家で過ごしたときにいつも思う地方の増え続ける空き家。
自分の実家もいずれ空き家なのか?と他人事ではありません。
そして空き家を相続したものの処分に困っているという話をよく聞くようになりました。
2015年に施行された空家法(空家等対策の推進に関する特別措置法)。
これ以降空き家を放置することができなくなりました。

特定空家と認定されて指導を受けたにもかかわらず放置し続けていると「勧告」が出され、そうなってしまうと固定資産税が最大で6倍にもなってしまいます。

空家等対策の推進に関する特別措置法(概要)

両親が亡くなって実家を相続したものの誰も住まない

子供がいない叔父が他界して古家を相続した


など、誰にとっても起きそうな問題ですよね。
自分にも起きそうなことでもいざとならないと自分のこととして考えてみないものです。

不動産に興味も知識もない場合は何もせず即売却すべし

普通は不動産の売買など一生に一度あるかないか。
相続したもののどうしていいか困ってしまうことも多いでしょう。
そしてせっかく相続した物件だとしても、リフォームして賃貸経営しよう!と考える人は実際はあまりいないようです

せっかく相続した不動産、といっても古い木造家屋と人口が減っている街の土地の場合、再生して不動産収益を得るのは実際、かなり難易度高めになります

即売却するか賃貸経営するかはいくつか不動産の再生を経験した方でも立地次第では売却を選ぶでしょう。

もしうまく活用できそうにないなら早めに売却に動くのがいちばんの得策です

いらない不動産を相続したら長く持たず即売却

すべて業者に委託するなら入念な見積もり比較は必須

高額な費用を請求される詐欺業者に注意
 土地価格は自分で調べる

木造家屋は空き家になると急速に劣化が進みます。窓を閉め切った部屋の中はカビが生えやすく、害虫の住みかにもなってしまいます。
さらに庭の木が伸び放題になるのも時間の問題。

こうなってしまうと自治体から植木の伐採の指導や勧告などが来ます
庭の手入れにも費用がかかってしまうし放置して痛んでしまった家はかなり値下げして売却することになってしまいます

そうなる前に早めに不用品を処分し売却できるまでに持っていきましょう。

身内を亡くした後この行動に移るのが本当に大変なのですが、先に伸ばしてしまうと植木や家の修復などの余計な手間もお金もかかってしまいます。

もしそんな気力が湧いてこない、という場合は少し高額になってしまいますが不用品処分から不動産売却までおまかせでやってくれる業者に頼むのもありだと思います。

ただこのとき、業者選びはしっかり見積もりを比較して決めてください
びっくりするような高額な費用を請求されることがありますので事前の相場調べと見積もり比較は必須です。

建物の値段は築古の場合ほぼ価値なしと判断されることが多いですが、土地の値段はしっかり下調べして業者の言い値で売却せず、納得できる金額で売却してください

土地の値段を路線価で調べるには【全国地価マップ】

相続は不動産以外でも知識がないと大変な思いをしたり、思っていた以上の相談料を払うことになったりします。

誰にでもおきる可能性があることですので事前に準備して冷静なときに知識を得ておけば、騙された、失敗した、ということは避けられますよね。
不謹慎だと思わずに平常心で余裕があるときにいくつか業者のあたりを付けておいてもいいと思います。


相続した不動産をどう使うか
自分で稼ぐ力を身に付けるチャンス


自分が住まないにしても活用できそうな不動産を相続した場合、その不動産でいくら稼げるか、自分の力で生きていく力をつけるチャンスと考えて不動産投資に挑戦してみてはどうでしょうか?

活用できそうな不動産は融資を活用して収益化する

相続や不動産賃貸で得た知識は今後も使える

お金の知識は何にでも応用可能 自分で稼ぐ


やってみようという気持ちがあれば、リフォーム代は日本政策金融公庫などでも融資をうけることができますし、長い間家賃収入を得られるのでその間の収益をトータルで考えればすぐに売却するより大きなリターンを得ることができます

実際相続した実家を賃貸経営して不動産投資の良さを知り、普通のサラリーマンから投資を拡大していった例もありますので、やってみようという気持ちさえあれば空き家相続はいい機会になると思います。
相続もひとつのチャンスですのでこれをどう活かすのか。あなたならどうしますか?

普段からお金の知識を持っていれば、税金面でも保険でも無駄がなく相続の場面でも資産をうまく活かせます

副収入を得るための今の副業ブームは、会社員として働き続けることに不安を感じる方の多さを物語っていますし、実際に大手に就職した方でもリストラの危機に直面している姿を見ると明日は我が身かと不安になりますよね。

今勤めている会社も自分が60歳を迎えたとき経営状態がどうなっているかわかりませんし、自分自身も会社でどういう扱いになるのか不安がない人はいないと思います。

会社の収入だけでは不安だけど副業は会社で禁止されている。
そういう場合も相続で得た不動産を賃貸するのであれば副業とみなされることはほぼありませんので、本業以外の副収入を得たい方にはとてもいい方法だと思います。

自分の力でお金を稼ぐことはこれからますます必要になっていきます。
何か一つ新しいことを始めるとそれに関連したさらに新しい知識も身に付いていきます

会社に依存せず自由で豊かな人生が送れるように、自分次第でいくらでも成長していくことができます。

空き家活用はサラリーマンでも副収入を得られるチャンスです。機会があれば、がんばってチャレンジしてみてください。

【副業・投資】給料UPが厳しいなら副業で年収100万円UPを目指す

年収UPに必須! 雇われ脳からの脱出

会社だけに頼れない時代、副業を考える方が増えています。
2000年以降は、ひとつの会社でずっと頑張って働いても年収が伸びるとは限らない時代になりました。

しかもリストラの可能性や会社の倒産の可能性を考えると本業以外の収入を確保することは必須です

働き方改革で残業時間が減って年収が下がってしまったという方もいるかもしれませんが、その減った残業時間うまく活用できていますか?
この時間の使い方ですでに差がついてしまっています


副業ができないけど副収入が欲しい

副業を始めるにしてもなにをやるか、副業禁止ならどうすれば会社にバレずにやれるか。
手軽に始められる副業はたくさんありますが、何をやるかの選択も重要ですがバレないように行動に移す知識も必要です

なかには副業をとても悪いことのように考える方もいますが、本当にそうでしょうか?

すべての方に副業を勧めるわけではありませんが、本業だけに依存する危険性を分かったうえで本業に専念したいという場合以外は、たとえ禁止されていたとしても一度は副業を考えてみることを私はお勧めします。

基本的には副業の収入は自分で確定申告しますし、住民税を普通徴収にして自分で支払うようにすれば会社にバレることもありません。

会社が副業を禁止していたとしてもそれであっさり諦めていては、今後収入をあげていくことはできないかもしれません。

副業はサラリーマンとは違った商売人魂と事業家精神が必要です。
これらはサラリーマンの価値観とは全く違うものですので、この感覚が身につくまでは副業にいいイメージを持てなかったり、割りに合わないと感じるかもしれません。

それでもメルカリで不用品を売るなどの小さなことでも実際にはじめてみると、だんだんとこの価値観が身についていきますし、新しい気づきもあります。
自分で稼ぐたくましさを持つことは副業をやっていくことで身につく重要なスキルなのです。

その力を身につければ稼ぐ力はそれまでのサラリーマン時代より格段に上がっていますので、さらに大きく稼ぐための方法も自分で考えられるようになるでしょう。


大家業はほとんどの会社で副業にならない?

不動産投資と副業

先ほどの商売人、事業家以外に、投資家という稼ぎ方もあります
副業の種類はいまでは本当に幅広くなりましたが、副業としても投資家に近い大家業はとてもお勧めです。

よく「不動産投資って副業じゃないの?」と聞かれるのですが、ほとんどの場合、副業とみなされません

不動産投資=大家業は投資でもあり事業でもあるのですが、一定規模以内であれば事業とはみなされず、副業禁止の会社でも問題になることはありません。

副業規定に引っ掛かるのは事業規模とみなされる棟数を所有した場合です。
一般的には「5棟10室」以上所有すると事業規模とみなされます。

所有規模は5棟10室以下であること
管理会社に管理業務を委託すること
年間家賃収入が500万円以上


5棟10室以下とは戸建てを5棟以上所有、または集合住宅、区分マンション等を10室以上所有している場合です。
ですので小規模な大家業であれば事業としてみなされず、副業には当たりません。
まずは戸建てや手間のかからない区分マンション投資からスタートしてみるのがいいでしょう。

規模を拡大すると副業に引っ掛かるとはいえ、他の副業にくらべて時間を取られない上に収益が大きいのも魅力です

とりあえず年収100万円UPくらいなら小規模な大家さんでも充分達成できる金額です。


↓少額戸建て投資のはじめ方はこちら
【不動産投資の始め方】投資で老後は今より豊かになる


年間100万円くらいの副収入を得るのであれば、安い戸建を買って賃貸することで充分達成可能です

不動産投資は経営者としての考え方も身に着くので、仕事の後に配送などの時間労働をすることにくらべて、不動産投資には価値の高い学びがあります。
本業と別に新しい知識やスキルが身について、将来の自分に役立つという視点で副業を選ぶことも副収入以上に重要なことだと思います。

終身雇用もなくなりそうな今の働き方で、本業以外にいくつか別のスキルがあるというのはとても心強いものですよね。

労働力を分散投資すると考えて複数の収入を確保しておくのはこれからは必須の働き方になると思います。


【投資の始め方】投資女子増加中 女性のための少額投資

お給料だけでは心もとない昨今のお仕事事情。
仕事も会社も10年、20年後は安泰とは言えない世の中、女性の多くが将来の生活に不安を感じています。

世の中が変わったとはいえ女性が社会でお金を稼ぐのは大変です。男性と女性では社会で稼ぐ金額に大きな差があるのです

正規社員だけで比較しても、男性平均給与548万円に対して、女性の平均給与は377万円

正規社員でも男女で171万円も差があるのです。


↓関連記事↓
会社の仕事は会社のためにしかならない。 もっと自分のために働こう


そして会社の業績次第では40代以降リストラされるかもしれませんし、会社が倒産することだってありえます

それまで会社の仕事だけに頼っていたらそこからはなれてお金を稼ぐ力がなくなっているかもしれません。
最悪再就職先が見つからないなんていうことも充分ありえます。


大副業時代とはいえ、何ができる?

大副業時代とはいえ、何ができる?

とはいえ、副業で稼げるスキルがなにかあるわけでもない。
どうしたら副収入を得られるのか思いつかないということをよく聞きますが、あまり考え込まずに少額でできる投資からスタートしてみるのがおすすめです

スマホでスタートできる少額投資の方法も増えてきたのでスタートは500円からでもOK。
始めた時は少額でも5年も経つと複利の効果で想像以上に大きく増えていたりします

投資なら副業が禁止されているところにお勤めでも大丈夫。
本業以外に仕事をするのは疲れるという方にもコツコツ少額投資はおすすめです


LINEスマート投資
ミニ株でコツコツ投資
はじめての投資信託
ウェルスナビ 資産運用が初めての方へ



とりあえず、なにかひとつ始めてみてはどうでしょう。
実際に始めてみると意外とどんな人でもお金と投資の知識が身についていき、1年後にはかなりの変化が起きていますよ
なにも知識がなかったところからお金についての基本がわかるまでの変化が一番大きいかもしれません。

お金の知識が身についてくると将来どれくらいお金を貯められるか、どれくらい必要なのか具体的にわかってきます。

そうすると自分で将来のためにしっかり備えますよね。

この備えがある人とない人とでは10年後の生活がほんとうに大きく変わってくるのです

大切な自分の将来にかかわることなのでじっくり時間をかけてお金の計画をたててみてください。

副収入は必須! 本業にすべてのエネルギーを注がない

得意分野で副業スタート


投資を始めてみるとお金の世界ならではの考え方に出会うことになりますが、その中でもアセットアロケーションというのは重要な考え方です。

リスクを避けることが投資では重要になるので投資先を分散させるのですが、人生においてもリスク分散は重要です

自分の労働自体も労働の投資と考えると、収入がひとつだけで会社のお給料のみだと一つの投資先に全額投資するようなもの
とてもリスクが大きいと考えられます。

労働の投資先もいくつかに分散投資することが人生のリスク回避になりますのでお給料プラスいくつかの収入という状態にするのが理想的です
これもあまり深く考えずに、できそうなことに挑戦してみるといいと思います。

今ならネットでいろんなものが売れますし、SNSを使ったマネタイズなども可能です。得意分野でできることをスタートしてみてはどうでしょうか。

もしこれといって得意なことが思いつかないときは、何人か友人にたずねてみるといいですよ。

友人たちはあなたのことをいつも客観的に見ているので自分でも気づかない部分を教えてくれます

いままで気づかなかった得意分野を発見できるかもしれませんし、得意なことをどんなふうに活かせるか友人の方がよくわかっているかもしれません。

素敵なアドバイスをもらったらぜひトライしてみましょう。もしかしたら本業以上に自分にぴったりの仕事に気づくかもしれません。

そして会社だけに依存することがなくなれば、将来への不安が確実に小さくなりますよ