*ZENY*不動産投資blog

Real estate investment blog. Aim to be rich.

カテゴリー: 貯金 (page 1 of 2)

シングルは不動産を買うべきか 賃貸一人暮らし女性の場合(1)

結婚するかもしれないのに不動産を買うのか

女性の人生を一番大きく左右するのは今でも結婚かもしれません。
結婚するかしないかに関わらず、一生関わってくるのがお金です。
仕事と結婚とお金、どれも悩ましい問題ですよね。

そこでよく聞くお話、『シングルは不動産を買うべきか』賃貸一人暮らし女性の場合を考えてみました。

結論から言うと絶対買ったほうがいい
それでは早速試算してみましょう。

都市部でよくある例をあげてみましょう。

[例]由紀さん 38歳 年収430万円

  賃貸マンションに一人暮らし
  実家に戻るつもりはない
  結婚は絶対にするつもり

  今住んでいるところの家賃 7万8000円


結婚するかどうかは不確定要素なので、最悪の場合のずっとシングルだった場合を考えてみます。

この最悪の場合を考えたくなくて試算する事を避けますよね。そんな事あるわけないし。
でもリスクヘッジのためと割り切って冷静に考えてみます


自宅マンションを買わずに賃貸に住み続けた場合


今後も家賃を払い続けた場合
(85歳まで賃貸すると仮定)

97.5万円(12.5ヵ月分)× 47年間 
= 4582.5万円


なんと、4500万円以上も支払うことになってしまいます
試算では85歳まで住んだ場合としていますが、現在も平均寿命は伸び続けています…。

もしかしたら90歳以上まで生きるかも…。うわっ、考えたくない。
と思うかもしれませんが、あり得る話です。


自宅マンションを買った場合


いま賃貸で住んでいるところより少しグレードアップして、38歳女性が住むのにふさわしい東京23区内の1Kのマンションを購入したとします

価格 1300万円
フルローン 金利0.45%
ローン期間 30年

支払い総額(借入金+利息) 1390万円
購入手数料・登記費用等 約70万円

総額 1460万円

賃貸した場合と購入した場合の差、
3092.5万円


試算してみると、圧倒的に買った方が安いです

たとえ結婚するとしても、絶対に買った方がいい都内の自宅マンション


先ほどの試算どおり、圧倒的に買った方が安いです
これはだれでも試算できることですが、自分で計算してみようと考える人は意外に少ないのです。

結婚するかもしれないということと、85歳まで生きないかもしれない(長生きしたいと思っていない)ということで、マンション購入は考えたくないことになってしまうんですよね。

結婚を前提に生きている女性にとっては「買っちゃったら終わり」という言葉を聞いたりします。
確かに、マンションを買ってしまったら、いよいよ覚悟決めたか?と自分でも思ってしまいそうです。

さらに「結婚あきらめたの?」なんて親や兄弟からも何か言われそうな、触れられたくない部分のネタになりそうな気がして、なんとなく避けたくなりますよね。

しかし、実際にかかる住居費を考えてみると、もしかしたら買わないリスクの方が「終わり」という言葉に近いのかもしれません…。
老後は何かとお金が必要になります。ここは冷静に比較してみましょう


もしマンション購入で身内に結婚ネタで突っ込まれたとしても、「将来賃貸して年金の足しにする」とでも答えておけばいいのです。

次回、マンション購入した後5年後にめでたく結婚した場合を試算します。

マンションを購入し、売却または賃貸した場合と、買わずに賃貸に住み続けた場合を比較してみます。

【底辺から投資】貧乏からお金持ちへ 1万円でも投資すれば上位10%

世の中の副業ブームで友人にも副業や投資のことを聞かれることが増えました。
正社員で働いていても将来が不安になるような変化が多くなってきましたよね。
私の場合、正社員どころか今までほとんど非正規で働いているのでいつも将来に不安を抱えていました。

そんな私でもとりあえず老後はなんとかなりそうなので、これを読んでいるあなたもきっとなんとかなる。
貯金も投資もコツコツが最強です
コツコツ貯金、コツコツ投資を続ければいつかお金の不安から自由になる日がきます。


最初の物件を買うために避けては通れない資金作り

底辺からの投資は下積みの資金作りの期間が長くなってしまいますが、これを乗り越えることで次のステップに進むことができます。

現在お金がない状態にいるということは「収入が少ない」「支出が多い」のどちらかまたは両方ですよね。

収入が少ないから貯金なんてできないよ、と思いますよね。
私も貯金ゼロの時はそう思って何年も貯めようとして挫折することを繰り返していました

ここをどう変えていくかですが「お金持ちになるベースづくり」でくじけない強いメンタルをつくりながら、自己資金を作っていきます。

「お金持ちになるベースづくり」をしっかりやっておけば挫折する確率を下げることができます。
絶対に貧乏から抜け出す、お金持ちになる、という気持ちがどれだけ強いかで成功率が決まるともいえます。

底辺からの貯蓄に王道はないので、本気でお金を貯めるにはこれからお伝えする方法をお勧めします。


投資に使うためにひたすら貯める モチベーション維持が重要

貯蓄ゼロから脱出できたらあとはラク
貯金額と収入を他の人と比較する

人は社会的な動物と言われるように、社会での自分の立ち位置がとても気になるものです。
他人の懐事情、資産状況と自分を比べて貯金と投資へのエネルギーにしていきましょう。

特に職場の同僚など、自分と同じような状況の人や同年代の人がどれだけ貯金しているかはいい刺激になります
他人と自分を比較するのはタブーのように言われますが、こういうことには利用できます。

「お金持ちになるベースづくり」でも書きましたが、わたしも以前読んでいた『ダイヤモンドZai』で一番刺激を受けたのは自分と同世代の家庭がどれだけ貯金できているかの情報でした。

実際に自分と同じくらいの年収の人が毎月10万円以上貯金しているのをみて、自分は甘かったのだと思い直し家計を見直しました
毎月の貯金はモチベーションの維持が一番難しいです
2〜3カ月だけ頑張ってもそんなに大きな金額は貯まりませんのでなるべく長く続ける必要があります

長い間節約と貯金を続けていると誰でも必ず嫌になる時がきます。
そんな時他の人と比べて自分はまだまだ、もっとできるはず、という気持ちになることでなんとか目標までたどり着けるようになるのです。

挫けそうになったときもお金を貯める目標を何度も思い出してモチベーションを維持しましょう。

この目標を達成できた時、お金への知識がいつの間にかついています
そしてお金の管理ができるひとに変わったということです。
自分と同じような人たちの中で一歩リードできたことは自信をもっていいことです。
その気持ちをさらに次へのステップにつなげましょう。

一歩前に進めたことの変化が、私の場合も自分の人生の中で一番大きかったと思います。

ゼロからのスタートはたとえ100万円だとしても貯めるのは大変で時間もかかります
それでも最初の目標を達成できるかどうかで今後の人生が大きく変わると思ってつらくても頑張ってみてください。


付き合う人を変える 

先ほども書きましたが、人は相対的なポジションが一番気になる生き物です。ここでもその心理を利用しましょう。

自分の収入は付き合っている人5人の平均とよく言われますが、いつも会っている人、職場の同僚はあなたと同じ生活レベルの人たちです。
そこにいると不安も和らぎ、お金がなくてもまあいいか、という気持ちになってしまいます。
勇気を出してその心地よさから出てみましょう

 

現在投資をしている人は9.8%しかいない

内閣府の調査では、現在投資をしている人の割合は9.8%、10人に一人です
そして「投資経験がない」と答えた人の割合は79.8%、なんと8割の人は投資をしたことがないのです。

この質問での投資というのは株や投資信託、不動産だけでなく、国債、社債も含みます。
つまり、ほとんどの人は投資をしておらず、投資に興味がある人とは自分から求めなければ出会う可能性はかなり低いということになります。

この、現在投資をしている9.8%の層は、かなり偏ったすでに資産を多く持っている層ともいえるので、普通の会社員生活を送っているとますます知り合う確率は低いといえるでしょう
ほとんどの人は投資とは縁のない生活を送ったまま人生を終えているのです。

その反面、世の中には堅実に貯金している人、収入を上げるために勉強を続けている人たちがいます
自分からそういう人達に会いにいくようにしてみましょう。
と言っても、突然連絡をとって1対1で会わなければいけないのではありません。

同僚との飲み会を減らして投資セミナーやマネーセミナーに参加するだけでも自分の考え方を変えることができます
そしてそこで得たものはその時だけでなく、その後もじわじわ効いてきます。

自分が今までお金に対して甘く考えていたこと、そして今の自分がこのまま変わらずにいたら、10年後20年後どうなっていくのか、その危機感がわいてきます。
セミナーに参加したら、積極的に他の参加者と交流してみてください
自分と違う世界の人がどういう生き方をしているのか、今の自分と比較してみることで改めて頑張ろうという気持ちがわいてくると思います。

自分も頑張らないと! そう思えたらもう以前の自分に後戻りすることはありません。

あなたがここで少しずつ貯金し、1万円分でも投資信託を購入したとしたら、現在投資をしている金融リテラシーの高い1割に入ったということになります
他9割の人とは、ここで決定的な差ができたということです

ここまでが一番つらくて大変なところですが、これを乗り越えたらもう貧乏になることはありません。

そしてゼロから投資家になった全ての人はここを乗り超えて結果を出しています。

スタートは貯金ゼロ、なんの取り柄もなかった私ですが、その私でもなんとか貧乏から脱出できたのできっとあなたにもできるはず。
今日からコツコツはじめてみましょう。

【投資の始め方】最初は「儲かる」実感が大事 女性のための少額投資

将来が不安になったら少額から投資をスタート

世の中の働き方の状況がどんどん変わっていく中、ふと10年後の生活は大丈夫だろうかと不安になることはありませんか?

2020年4月に施行される同一労働同一賃金。これによって正社員でも非正規労働でもどういう影響が出るのか、まだはっきりとはわかりません。

そんな状況で、正社員でもボーナスがなくなるかもしれない派遣の雇止めがあるかもしれない、など労働状況がかわることに不安を感じる方も多いと思います。

いまでも同じ会社で65歳まで働ける可能性はどんどん低くなっているので、もし、40代・50代になって仕事を失ってしまったらその先の補償は誰にもありません

終身雇用の崩壊や年金不安を考えても「自分で自分の面倒をみる」という流れにどんどん向かっています

そんななか、将来のために少しずつでも投資をしたほうがいいのはわかるけど、何をどうしたらいいのか? 投資信託を買うにしても種類が多くてよくわからないという話をよくききます

しかしわからないまま何もしないでいると後になって後悔することになるかもしれません。
情報と知識がないとままの人としっかり勉強している人との間に大きな差が開いてしまいます

最初の投資はリターンを実感できる分配型がおすすめ

投資信託で投資スタート


投資信託は本当に種類が豊富でプロでもすべての商品を知っているわけではありませんので詳しく知らなくても大丈夫です。

わたしが初めて投資信託を買う方におすすめするのは、毎月分配型ファンドです


例えば
「明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型) 」

1万口から購入でき、2019年12月現在1万口で約1万円

毎月分配金が1万口で120円支払われます。

毎月1万口ずつ買い足していけば。1年後には12万口。

毎月の分配金が120円×12万口=1440円
になっています。


これは途中で買い増しをやめても、12万口分の分配金はは毎月支払われるので投資したことで得られるリターンの実感がわくと思います。

毎月12万口分の分配金が1年間支払われれば年間1万7280円の配当金を得ることができます

女性にとってはこういう実感が大きなモチベーションになりますよね。

これだけの金額でもうれしいなと思うのですが、さらにコツコツ買い増していけば、年間の配当金10万円超もそんなに先のことではありませんよ


女性の人生は長い
投資で少額からでも大きく増やせる

女性の投資


一度投資で得られるリターンを体験すれば、どの投資でどのくらいのリターンがあるのか、またその投資のリスクはどのくらいなのか、だんだんわかってきます。

投資感覚が一番身に着くのは値動きを一定期間追うこと
自分が買った投資信託ならどれくらい上がったのか下がったのか気になるのでチェックしますね。

一つの投資信託の1年間の値動きがわかればそれと比較して他のものはどうなのか派生して知識が広がっていきます

「身銭を切る」といいますが、誰でも自分が払ったお金には真剣になりますよね!

わざわざ投資セミナーに参加するより自分で買ってみることが一番の勉強になることは間違いなしです


女性の人生はとても長いものになりました。
40歳で投資デビューしても平均寿命まで47年もあります!

長い時間をかければ、たとえ少額から始めた投資でもかなり大きな金額に増やすことができます。

1000万円、2000万円くらいならまったく夢物語ではありません
リッチなおばあちゃんになって孫に投資を教えるなんてかっこいいですよね。

宝くじを買ったと思って、1万円からでも投資をはじめてみませんか?

【不動産投資の始め方】投資で老後は今より豊かになる

40代・50代からでも遅くない不動産投資

不動産投資が以前から気になっていたけど結局やらないまま10年以上経ってしまったという方が意外と多くてもったいないなと思っていましたが、今からスタートしても全然遅くないです。

投資は時間を味方につけて増やすと言いますが、具体的に老後の生活を意識し始めるのは誰もがそんなに早いわけではありません

不動産投資は50代以降でスタートする人が珍しくない投資方法です。

むしろ30代の頃は自分の今現在のことで精一杯で、その先のこと、老後のことなどを考える余裕がもてなかったとしても仕方ありません。 まだ自分への投資に重点を置きたい時期でもありますしずっと先の心配より今を大切にしたくなるのは当然です。

しかも30代での未婚の割合も高くなっていますので、早めに将来設計をしたとしても、結婚するかどうかでその後の人生が大きく変わってしまいます。

ある程度落ち着いた50代から資産運用を考える人が多いのは無理もない話ですね。
不動産投資に関していえば、50代からでも5年ほど頑張ってみるとお金の不安がかなり少なくなります

40代からのスタートなら50代後半には老後の不安はほぼゼロにできます


戸建を一つ買うだけで老後が楽になる


例えば中古の一戸建てを500万円で買ったとします。ざっくりシミュレーションしてみると…


投資額500万円
家賃  7万円
年間家賃  84万円
税金・修繕費等諸経費  -14万円
年間利益(手残り) 70万円

7年間運用 70万円×7年=490万円


↓ この490万円に10万円をプラスして再投資
 さらにもう1戸中古戸建を購入した場合をシミュレーション

1件目と同じ条件の1戸中古戸建購入と仮定

再投資額500万円
家賃  14万円
年間家賃  168万円
税金・修繕費等諸経費  -28万円
年間利益(手残り) 140万円

5年間運用 140万円×5年=700万円



5年間2戸の戸建てを賃貸経営すれば大まかな計算上ですが700万円の利益を上げることができます

最初に投資した500万円を不動産で運用すれば12年間で700万円と戸建て2戸の資産になるのです

このまま購入した戸建てを丁寧に修繕しながら賃貸していけば毎年140万円の収入を得ていくことができます。

10年に一度大きな修繕をしたとしても十分賄える収益になると思います。

さらに現金が必要になったときに売却することもできますし、仮に売却するときに購入時の半分に価格が下がってしまったとしても12年後の資産は700万円プラス売却益の500万円で1200万円になります

これはかなりおおまかなシミュレーションですが、賃貸用の戸建てを2つ所有すればこれに近い収益を上げることは全然難しいことではありません


人生100年時代なら50代から資産拡大できる

ただ消費するだけの老後なら100歳まで生きれば確かにお金が足りなくなりますが、事業性のある不動産賃貸業であれば涯現役で事業を継続しながら豊かになっていくこともできます

先ほどのシミュレーションでも戸建て2戸所有で年間140万円の収益でしたがこれをさらに繰り返して賃貸用の一戸建てを増やしていくこともできますし、さらに規模を拡大して一棟アパート、もっと拡大してマンション一棟を買うこともできます

せっかく長生きできるのなら資産を拡大しながら生涯現役で賃貸経営するのも楽しいのではないかなと思います。

人生100年時代と考えると、資産の基盤を作るのは50代になってからでも決して遅くはありません。

長生きと老後資金の不安な面がクローズアップされがちですが、長く生きるということはスタートが遅れても挽回できる良い面もあるのです

長生きすればするほど豊かになっていく資産拡大法。

もちろん早く始めればもっとラクに資産を拡大していくことができます。
考えて迷っているうちにあっという間に5年、10年たってしまいます。資産形成、思い立ったが吉日です。

いまさら、と思わずに投資で長い老後を少しでも豊かにしてみませんか?

頭金を貯めたのに 家を買えなかった

不動産投資を始める前、お金の知識は全くありませんでした。
ファイナンシャルリテラシーがないとお金持ちにはなれません。もし当時のままお金の勉強をしなかったとしたら今もまだ貧乏なままだったと思います。
私のような失敗をしないように知識武装してくださいね。

頭金を貯めたのに家を買えなかった

長男が2歳くらいになった頃、家計のことを真剣に考えるようになりました。まだまだ子育てが大変で思うように働ず、家族が増えたことで支出も増え、かなり苦しい時期でした。

それまでは目の前のことしか考えなかった私も、さすがにこの先のお金のことも考えなければならなくなりました。
もし病気になったらとか、子供の教育費とか、考えると気持ちが沈む事項です。

住んでいたアパートも子供の成長とともに手狭になっていくので家も買いたい。

そこでこのまま賃貸で暮らした場合、10年後に家賃をどれだけ払うのかなと考えてみました。

当時の家賃、2DKで12万8000円
年間家賃約150万円なので10年でなんと1500万円


中古の一戸建てが買えそうではないですか! ヤバい!

このままでは賃貸貧乏。こんなに払っても全然自分のものにならない賃貸はやっぱり損です。

とにかく家を買おう!


脱賃貸!
そう決めてからコツコツ貯金に励みました。
少しでも早く貯めたくて、手数料がかからない投資信託を買ったりもしました。
私のような非貯蓄体質の人間は現金で持っているとついつい使ってしまうのでこれはいい方法でした。
おまけに少しだけですがリターンもありました。

しかし貯めようと決意してまもなく次男を妊娠出産。
頭金の目標額は300万円でしたが、少したまったところで1歩どころか大きく後退してしまい、貯めようと決意してから頭金が貯まるまでに4年ほど経ってしまいました

仕事と子育てでクタクタな上になかなか貯金も貯まらず、この頃は本当につらかったですね。

自宅物件を探し始めるとうとう脱賃貸か

そうやって必死に貯めた300万円。
ようやく自宅物件を見に行けるようになりました。

そんなときに見つけた4000万円の素敵なテラスハウス(新古)。
中庭にはオリーブが植林され、オリーブのそばにはテラコッタの壺が飾られていました。
テラスハウスは白い石積み風の壁で全体的にプロヴァンス風にデザインされていました。

4000万円は完全に予算オーバーでしたがどうしてもそこに住みたくなり、不動産屋さんにローンの審査をお願いしました。
が、案の定ダメ…。

金融機関はなぜローンが通らないのかその理由は教えてくれません。

夢いっぱいの不動産めぐりから一気に谷底に落っこちた気分です。
ローンが組めないなんて経済的弱者、底辺です

しかし今考えると貯金も少ししかないし、年収も低い状態で4000万円のローンは無謀だったと思います。
この頃の自分を振り替えると、本当に世間知らずだったなと思います。

金融機関の人を見る目の厳しさを初めて知ったときでした。
今思えば大金を借りるのですから当然ですよね。

« Older posts