2棟目におすすめ 空き家再生

年末年始を実家で過ごしたときにいつも思う地方の増え続ける空き家。
自分の実家もいずれ空き家なのか?と他人事ではありません。
そして空き家を相続したものの処分に困っているという話をよく聞くようになりました。
2015年に施行された空家法(空家等対策の推進に関する特別措置法)。
これ以降空き家を放置することができなくなりました。

特定空家と認定されて指導を受けたにもかかわらず放置し続けていると「勧告」が出され、そうなってしまうと固定資産税が最大で6倍にもなってしまいます。

空家等対策の推進に関する特別措置法(概要)

両親が亡くなって実家を相続したものの誰も住まない

子供がいない叔父が他界して古家を相続した


など、誰にとっても起きそうな問題ですよね。
自分にも起きそうなことでもいざとならないと自分のこととして考えてみないものです。

不動産に興味も知識もない場合は何もせず即売却すべし

普通は不動産の売買など一生に一度あるかないか。
相続したもののどうしていいか困ってしまうことも多いでしょう。
そしてせっかく相続した物件だとしても、リフォームして賃貸経営しよう!と考える人は実際はあまりいないようです

せっかく相続した不動産、といっても古い木造家屋と人口が減っている街の土地の場合、再生して不動産収益を得るのは実際、かなり難易度高めになります

即売却するか賃貸経営するかはいくつか不動産の再生を経験した方でも立地次第では売却を選ぶでしょう。

もしうまく活用できそうにないなら早めに売却に動くのがいちばんの得策です

いらない不動産を相続したら長く持たず即売却

すべて業者に委託するなら入念な見積もり比較は必須

高額な費用を請求される詐欺業者に注意
 土地価格は自分で調べる

木造家屋は空き家になると急速に劣化が進みます。窓を閉め切った部屋の中はカビが生えやすく、害虫の住みかにもなってしまいます。
さらに庭の木が伸び放題になるのも時間の問題。

こうなってしまうと自治体から植木の伐採の指導や勧告などが来ます
庭の手入れにも費用がかかってしまうし放置して痛んでしまった家はかなり値下げして売却することになってしまいます

そうなる前に早めに不用品を処分し売却できるまでに持っていきましょう。

身内を亡くした後この行動に移るのが本当に大変なのですが、先に伸ばしてしまうと植木や家の修復などの余計な手間もお金もかかってしまいます。

もしそんな気力が湧いてこない、という場合は少し高額になってしまいますが不用品処分から不動産売却までおまかせでやってくれる業者に頼むのもありだと思います。

ただこのとき、業者選びはしっかり見積もりを比較して決めてください
びっくりするような高額な費用を請求されることがありますので事前の相場調べと見積もり比較は必須です。

建物の値段は築古の場合ほぼ価値なしと判断されることが多いですが、土地の値段はしっかり下調べして業者の言い値で売却せず、納得できる金額で売却してください

土地の値段を路線価で調べるには【全国地価マップ】

相続は不動産以外でも知識がないと大変な思いをしたり、思っていた以上の相談料を払うことになったりします。

誰にでもおきる可能性があることですので事前に準備して冷静なときに知識を得ておけば、騙された、失敗した、ということは避けられますよね。
不謹慎だと思わずに平常心で余裕があるときにいくつか業者のあたりを付けておいてもいいと思います。


相続した不動産をどう使うか
自分で稼ぐ力を身に付けるチャンス


自分が住まないにしても活用できそうな不動産を相続した場合、その不動産でいくら稼げるか、自分の力で生きていく力をつけるチャンスと考えて不動産投資に挑戦してみてはどうでしょうか?

活用できそうな不動産は融資を活用して収益化する

相続や不動産賃貸で得た知識は今後も使える

お金の知識は何にでも応用可能 自分で稼ぐ


やってみようという気持ちがあれば、リフォーム代は日本政策金融公庫などでも融資をうけることができますし、長い間家賃収入を得られるのでその間の収益をトータルで考えればすぐに売却するより大きなリターンを得ることができます

実際相続した実家を賃貸経営して不動産投資の良さを知り、普通のサラリーマンから投資を拡大していった例もありますので、やってみようという気持ちさえあれば空き家相続はいい機会になると思います。
相続もひとつのチャンスですのでこれをどう活かすのか。あなたならどうしますか?

普段からお金の知識を持っていれば、税金面でも保険でも無駄がなく相続の場面でも資産をうまく活かせます

副収入を得るための今の副業ブームは、会社員として働き続けることに不安を感じる方の多さを物語っていますし、実際に大手に就職した方でもリストラの危機に直面している姿を見ると明日は我が身かと不安になりますよね。

今勤めている会社も自分が60歳を迎えたとき経営状態がどうなっているかわかりませんし、自分自身も会社でどういう扱いになるのか不安がない人はいないと思います。

会社の収入だけでは不安だけど副業は会社で禁止されている。
そういう場合も相続で得た不動産を賃貸するのであれば副業とみなされることはほぼありませんので、本業以外の副収入を得たい方にはとてもいい方法だと思います。

自分の力でお金を稼ぐことはこれからますます必要になっていきます。
何か一つ新しいことを始めるとそれに関連したさらに新しい知識も身に付いていきます

会社に依存せず自由で豊かな人生が送れるように、自分次第でいくらでも成長していくことができます。

空き家活用はサラリーマンでも副収入を得られるチャンスです。機会があれば、がんばってチャレンジしてみてください。