【手術20週間後】子宮筋腫と子宮頸がんについて思うこと

子宮摘出手術をしてから20週間が経ちました。
おなかのぽっこりがなくなり、洋服の選択肢も増えました。
いままでぽっこりが気になって履けなかったパンツもはけています。

パンツの場合、見た目のぽっこりも気になるのですが、おなかが締め付けられて気持ち悪いというのが大きかったです
特に食後は苦しいんですよね…。


そんな感じで完全に普段通りの生活をしているのですが、アトファインはまだ貼り続けます。

先週ドラッグストアでアトファインを買えないかとまたいくつかお店を探してみたのですが、「マツキヨ」「ウエルシア」「ココカラファイン」「ドラッグぱぱす」など、やはりどこにもありませんでした…

置いてても売れないんでしょうか。自宅から一番近いウエルシアにお取り寄せをお願いしてみたのですが、アトファインは取り寄せできないとのこと。

これもまた、いくつかまとめてじゃないと商品入荷できないとかそういう理由で、お店に置いていても買う人があまりいないということで取り寄せ不可のようです。

ということで結局Amazonで買いました。

「アトファイン」

アトファイン
傷が広がらないように傷をきゅっと寄せながら貼るのがコツ

子宮筋腫の患者の多さ

子宮筋腫があることはあまり友人にも話していなかったのですが、手術後何人かに話すと、私も筋腫あるよ!とか何年か前に手術で取ったよ、という話を聞くことが多かったです。
特に40代の友人はかなりの割合で子宮筋腫経験者でした。

30歳以上の20〜30%にみられると言われていますが、実際にわたくしの周りの筋腫のことを話をした人の8割くらいは筋腫経験者でした。
何もなかった人の方が珍しいくらいです。
子宮筋腫ってそれくらいよくあるんですよね。


子宮筋腫経験者で手術を決めた人はやはり生理が多かったり生理痛がひどかったり手術前は大変だったようです
実際わたくしも過多月経にはかなり困っていました。

外出中もトイレにいけないと心配で、生理中の遠出は避けるようになりました。

それがなくなった今はやっぱり快適、というか、またあの状態に戻るのは嫌だなよなと思うようになりました。

その頃手放せなかった特大生理用ナプキン「クリニクス」
持ち歩くのも結構かさばるしトイレに持っていくのも大きめのポーチに入れていくのでちょっと面倒でしたが、それでもこの特大サイズと吸収力の安心感は心強かったです。

クリニクス
お世話になったクリニクスです。やっぱりでかいですね。



子宮頸がんの検診は必ず毎年受けよう

子宮筋腫と並んで多いのが子宮頸がん。
こちらの方は筋腫ほど多くはないのではないのですが過去に手術したという話を数人から聞きました。

しかし、筋腫が良性の腫瘍なのに対してこちらはけっこう深刻なので、「早期発見できて良かった!」「危なかった」という話が多かったです。

実際に発見が遅れると手術しても取りきれないことはあります。
発見が遅くなると抗がん剤治療も必要になってきますので、その後の治療も子宮筋腫とは違って取って終わりにはならない大変さがあります。

早期発見できれば子宮頸部の円錐切除やレーザー治療だけで治るので、子宮頸がんの検診はぜひ毎年受けてください。

わたくしの場合、子宮頸がんはまだガン化する前に見つかっていて良かったのですが子宮筋腫が大すぎて円錐切除手術ができず、結局子宮もいっしょに取りました。

わたくしの場合はもう出産しないのでそれで良かったのですが、まだ出産を希望している方や30代の患者さんは子宮を残せるように手術してもらっているようですね。

子宮頸がんは20代後半から増えるので30代から経過観察を続けている方もけっこういます。

ここで発見できればいいのですが、知人に出血が続くなどの自覚症状が出てから受診し、子宮すべて摘出になってしまった方もいました。
そうなってしまうともっと早く検査しておけば良かったと後悔します。

子宮筋腫と比べて子宮頸がんは放っておくと深刻なことになってしまいますし、30代では進行も早いので、自覚症状が出るまえにできれば毎年病院で定期的に検査を受けてくださいね

食生活には気を使うお年頃

入院中は食事が健康的すぎて、お菓子とかコーヒーとかのジャンクなものが欲しくなって退院したらすぐコーヒーを飲みました
これがめちゃくちゃ美味しく感じて、退院のわずらわしさはあったものの、退院できて良かったと思えたのもこのコーヒーを飲んだ時でした。

朝起きてすぐのコーヒーが欠かせない方は入院時にコーヒーを持っていくといいかもしれません。
お湯は自由に使えますしコーヒーを禁止されているわけではないので自由に飲めます。
そのほか紅茶でも昆布茶でも、禁止されているわけではないので持っていったものは自由に飲めました。

入院中もコーヒー禁止ではないのですが、飲んでる人はいなかったですね。
みんなお茶、それも麦茶やほうじ茶、あとは水をよく飲んでいました。

今ではもうすっかりお菓子もコーヒーも日常的に取っていて、また頑張って病院の食事のようなものに戻してみようかなと思うようになりました。

やっぱり日頃の食生活は大事ですよね…。
納豆とか、イソフラボンも取らないといけませんし。
そういえば更年期症状のせいもあってわたくしコレステロールも高いんでした

やはり自分の体のことは自分でメンテナンスしていかないとなんですよね、とくに食事のことでは。

わたくしものすごく面倒くさがりなので料理の手抜きは大得意なのですが、そろそろそんなことも言ってられないお年頃です。
美容と健康のためにみなさまもお気をつけくださいね。

コメントを残す