シングルは不動産を買うべきか 賃貸一人暮らし女性の場合(1)

シングルは不動産を買うべきか 賃貸一人暮らし女性の場合 ファイナンシャルプラン

結婚するかもしれないのに不動産を買うのか

女性の人生を一番大きく左右するのは今でも結婚かもしれません。
結婚するかしないかに関わらず、一生関わってくるのがお金です。
仕事と結婚とお金、どれも悩ましい問題ですよね。

そこでよく聞くお話、『シングルは不動産を買うべきか』賃貸一人暮らし女性の場合を考えてみました。

結論から言うと絶対買ったほうがいい
それでは早速試算してみましょう。

都市部でよくある例をあげてみましょう。

[例]由紀さん 38歳 年収430万円

  賃貸マンションに一人暮らし
  実家に戻るつもりはない
  結婚は絶対にするつもり

  今住んでいるところの家賃 7万8000円


結婚するかどうかは不確定要素なので、最悪の場合のずっとシングルだった場合を考えてみます。

この最悪の場合を考えたくなくて試算する事を避けますよね。そんな事あるわけないし。
でもリスクヘッジのためと割り切って冷静に考えてみます


自宅マンションを買わずに賃貸に住み続けた場合


今後も家賃を払い続けた場合
(85歳まで賃貸すると仮定)

97.5万円(12.5ヵ月分)× 47年間 
= 4582.5万円


なんと、4500万円以上も支払うことになってしまいます
試算では85歳まで住んだ場合としていますが、現在も平均寿命は伸び続けています…。

もしかしたら90歳以上まで生きるかも…。うわっ、考えたくない。
と思うかもしれませんが、あり得る話です。


自宅マンションを買った場合


いま賃貸で住んでいるところより少しグレードアップして、38歳女性が住むのにふさわしい東京23区内の1Kのマンションを購入したとします

価格 1300万円
フルローン 金利0.45%
ローン期間 30年

支払い総額(借入金+利息) 1390万円
購入手数料・登記費用等 約70万円

総額 1460万円

賃貸した場合と購入した場合の差、
3092.5万円


試算してみると、圧倒的に買った方が安いです

たとえ結婚するとしても、絶対に買った方がいい都内の自宅マンション


先ほどの試算どおり、圧倒的に買った方が安いです
これはだれでも試算できることですが、自分で計算してみようと考える人は意外に少ないのです。

結婚するかもしれないということと、85歳まで生きないかもしれない(長生きしたいと思っていない)ということで、マンション購入は考えたくないことになってしまうんですよね。

結婚を前提に生きている女性にとっては「買っちゃったら終わり」という言葉を聞いたりします。
確かに、マンションを買ってしまったら、いよいよ覚悟決めたか?と自分でも思ってしまいそうです。

さらに「結婚あきらめたの?」なんて親や兄弟からも何か言われそうな、触れられたくない部分のネタになりそうな気がして、なんとなく避けたくなりますよね。

しかし、実際にかかる住居費を考えてみると、もしかしたら買わないリスクの方が「終わり」という言葉に近いのかもしれません…。
老後は何かとお金が必要になります。ここは冷静に比較してみましょう


もしマンション購入で身内に結婚ネタで突っ込まれたとしても、「将来賃貸して年金の足しにする」とでも答えておけばいいのです。

次回、マンション購入した後5年後にめでたく結婚した場合を試算します。

マンションを購入し、売却または賃貸した場合と、買わずに賃貸に住み続けた場合を比較してみます。

コメント

  1. […] 前回につづいてシングルが不動産を買うべきか考えてみます。お金の悩みはシングルでも結婚していても尽きることはありませんが、そのなかでも大きな割合を占める住居費について考えてみました。特にシングルの場合、今後結婚する前提で考えるとマンション購入など自分には関係ない話に聞こえるかもしれませんが、住居費は大きな金額です。一度しっかり考えてみて損はないですよ。前回は賃貸で5年間家賃を支払った場合と1300万円のマンションを購入した場合を比較してみました。↓前回の記事を読んでいない方はまずそちらをどうぞ。シングルは不動産を買うべきか 賃貸一人暮らし女性の場合(1)シングルなのに不動産を買うのはためらいますね。だいたい買ったところでそこにどれくらい住むのかわからないし、買うとなったら自分一人でローンを払っていかなくてはならないし。それはそれでけっこう重いものを背負ってしまうような…。しかし、不動産は買ったからといって一生そこに住まなければならないわけでも一生ローンを払い続けなければならないわけでもありません。それではシングルで自宅マンション購入したものの素敵な彼と結婚が決まった場合を考えてみましょう。 […]

タイトルとURLをコピーしました