貯金ゼロの底辺からお金持ちへ
投資の考え方とはじめ方

不動産投資をしながら非正規で働くゼニーです。
本業のデザインの仕事では年収が頭打ちということに気付いてあくせく情報を集め投資を実践しながら現在年間家賃収入570万円になりました

しかし不動産投資で家賃収入年間570万円は投資家としてまだまだ初級ですので、これからも仕事を続けながら物件を増やしていこうと思っています。

このブログは私のように非正規だったり薄給だったりで、経済的に厳しい生活を送っている方でも底辺からじわじわ豊かになれる情報を実体験を交えてお伝えしようと思っています。

私がおすすめしているのは不動産投資ですが、底辺からの投資として考えると、いきなり不動産投資に挑戦するのは厳しいです

というのも、不動産投資には自己資金が最低でも200万円は必要だからです。
実際200万円の自己資金でもちょっと足りないくらいです。
しかしたとえ200万円でも、毎月ギリギリの生活を送っている人にとっては大金です。
もし手元に200万円入ってきたとしても、簡単にすべて投資しようとは思いませんよね。

でもがっかりしないでください。
そういう状況でもスモールステップを踏むことでちゃんとお金持ちを目指せます

投資の収益を拡大するには不動産はとてもいいのでお勧めですが、今回はその前のスモールステップについて。
スモールステップと言ってもここがお金持ちへの道で一番重要なところなんですよ



まずはお金を貯められる人になる
お金持ちマインドづくり

底辺からのスタートということで、貯金ゼロ、収入が少ないことを前提とします。
以前の私もそうでした。でもこんな私でもなんとかなったのであなたも大丈夫です。
ひとつひとつクリアしていけば、普通の人以上の資産を築くことができますよ!


やることはこれだけです。


目標を紙に書いてはっきり意識する

本を3冊読んでお金の知識をインプットする



お金持ちマインドづくり
目標をはっきり意識すること

まず必要なのは投資を始めるベースづくり。
お金持ちマインドづくりです。投資で資産を拡大したら何をしたいのか、どうやって拡大していったらいいのか。
基本的な考え方のベースを作っていきます。

そのベースづくりでいちばんにやることは目標をはっきりさせることです。
3年後、5年後にどうなっていたいのか紙に書いてはっきりさせていきます。

願い事を書く感じで、お願いしたことはなんでもかなうと思ってノートに書けるだけ書いてみましょう。


2000万円貯める
資産1億円にする
海外の豪邸に住む
 …


など、かなって欲しい夢を思いつくだけ書いてみてください

今の自分には全然無理、なんて考えなくていいんです。
むしろ全然できそうにない大きな目標のほうがいいです。

意外と自分の本当に望んでいることが何か、自分ではわかっていないことが多いです。
とりあえず思いつくままに書いてみると自分でも意外な目標が見つかったりします。

そしてこれはできれば毎日書いてみるのをお勧めします。毎日が難しければ1週間に1回でもいいので、繰り返し考えてみて目標を書きだすことを習慣にしていって下さい


読書でお金の基本的な知識をインプットしていく

次に知識のインプットです。現在貯金がなく、給料も安いとしたら多分普段付き合っている人、職場の人も似たような状況ではないでしょうか?
残念ですがそういう中にいるとお金持ちになる情報や考え方は入ってきません。

投資をする人は投資家の考え方を知らなくてはなりません
世の中にお金に関する本はたくさんあるので、本を読んで新しい知識をインプットしましょう
頑張ろうと思っても、知らないことは頑張れません。
ひととおりお金や投資に関して知るには本を読むのがいちばんの近道です

私ももし仕事で経済誌を担当することがなかったとしたら、いまでも投資をしようなんて全く考えていなかったと思います。
当時お金の知識は全くのゼロ。
仕事以外でそのころの私が経済誌を読むなんて考えられません。

そんな私が偶然にも経済誌のデザインをすることになり、そこで紹介されていた『金持ち父さん貧乏父さん』を読んで衝撃を受けました。
ここで初めてお金の世界のことを知ったのですが、この知識を得たことで私の人生は本当に大きく変わりました


お金の知識を得ることができれば、たとえ今どんなに給料が安くても、貯金ができなくても必ず豊かになることができます

そう考えると本への投資はいちばん投資効率がいいと言えます。1冊1500円くらいで買えますので気になった本はどんどん読んでいってください。
あなたの人生はあなたが今まで読んだ本でできています。

以下に必読3冊をあげますのでお金持ちになるためには最低でもこれだけは読んでくださいね。


金持ち父さん貧乏父さん

ロバート キヨサキ (著), 白根 美保子 (翻訳)

定番中の定番ですが、まずはこれが本当におすすめです。
金持ち父さんがどうやって金持ちになったのか?
学校では教えてくれない資本主義の考え方を教えてくれます。



貧乏はお金持
──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する (講談社+α文庫)

資本主義社会で生きていくには税の知識は不可欠です
法人化する知識も身につければ、たとえいま貧乏でもお金持ちのコースに乗ることができます。
お金がない人ほど無駄な税金を払い、会社から搾取されています。
お金の知識を身につけ、守りを固めましょう。
もし、本書が難しいと感じるなら、「金持ち社長」に学ぶ禁断の蓄財術』を読んでもOKです。



思考は現実化する

ナポレオン・ヒル (著)

これを読まずにお金持ちにはなれないというくらい、こちらも定番中の定番の自己啓発書です。
どんな成功でも、まず頭の中で考えたことが現実になっていきます。必ず読んでください。
Amazonプライム会員ならKindle版 無料!


本がいいのはわかってるけど、どうもこういう種類の本は苦手という方、本をじっくり読む時間がない方は経済誌を読むだけでも新しい知識が身につきます。
イラストや図解が豊富で内容も一般的な『ダイヤモンドZai』なら読みやすいと思います。雑誌をパラパラ見るだけでもしてみませんか?
たったそれだけでも半年もすればお金の基本的な知識が身につきますよ。

カンタン積立投信の情報や株の優待情報、さらに同世代家庭の貯蓄金額など、気になる情報からならお金の知識のインプットといえど難しく感じることもありません。
本が苦手ならぜひ見てみてください。

 

[番外編]



ダイヤモンド Zai

ダイヤモンド社

これをパラパラ見るだけでもだんだんお金の知識が身についていきます。
身近な情報が多いのでわかりやすいくて眠くならない笑

不動産投資以前にお金の知識を身につける、そのための基本的で一番重要な3冊(+雑誌1冊)あげてみました。

頑張るべきところで頑張らなければ無駄な努力を続けてしまい、いつまでたっても貧乏なまま、というのは本当に身近によくある現実です。

人生を無駄にしないように意を決してお金の勉強を始めましょう。

そのためにはしっかり知識をインプットすること。
この3冊の本を読み終わったら将来のお金持ちとしてスタート地点に立てたと言えます
お金持ちになるためのマインドづくりにセミナーもメンターも必要ありません。大事なことは本から学べます。

お金持ちのスタート地点と言ってもここがいちばん重要なところなので意外と簡単にお金持ちマインド、投資家マインドは手に入るのです。
簡単なことですがほとんどの人がやっていません。

自分の目標を洗い出し、本を読む。これだけなので今日からでもスタートできます。

実際に私もこの基本的なことを知っただけで大きく考え方が変わりました
知らないことは頑張れません。まずは知識のインプットから。

もう一度書きます、やることはたった次の2つです。


目標を紙に書いてはっきり意識する

本を3冊読んでお金の知識をインプットする




騙されたと思ってぜひやってみてください。スタートはみんなここからです。